マウスガードでスポーツのパフォーマンスは向上する? 注目されるスポーツ歯科

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/06/08 07:00

 スポーツと歯科とは一見関係なさそうに見えますが、じつは「スポーツ歯科」という専門的な分野があります。口や歯は、スポーツをしている際に比較的けがをすることが多い部位であり、口腔保護用のマウスガードを装着することが義務化されている競技もあります。また、最近のスポーツ科学の研究により、マウスガードを着用して歯のかみ合わせをよくするとパフォーマンスが向上することもわかってきました。これら二つの面を含めて、スポーツ歯科の重要性について、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に紹介してもらいます。

あわせて読みたい

  • 根性や我慢ではない アスリートが「歯」を食いしばる理由

    根性や我慢ではない アスリートが「歯」を食いしばる理由

    dot.

    11/20

    要介護でも食べる機能が向上する「訪問歯科治療」とは? 誤嚥性肺炎の予防にも有効

    要介護でも食べる機能が向上する「訪問歯科治療」とは? 誤嚥性肺炎の予防にも有効

    dot.

    11/11

  • 交通事故後の“異常”は歯科で治る場合も 専門医「総合医療の概念をもつことが必要」

    交通事故後の“異常”は歯科で治る場合も 専門医「総合医療の概念をもつことが必要」

    週刊朝日

    9/24

    「歯がグラグラになって歌うことができません」と歌手から相談を受けた歯科医 滑舌の悪さも歯科で治せる?
    筆者の顔写真

    若林健史

    「歯がグラグラになって歌うことができません」と歌手から相談を受けた歯科医 滑舌の悪さも歯科で治せる?

    dot.

    12/19

  • 歯ぎしりは「心のSOS」の可能性も 知っておきたいその原因

    歯ぎしりは「心のSOS」の可能性も 知っておきたいその原因

    週刊朝日

    9/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す