マウスガードでスポーツのパフォーマンスは向上する? 注目されるスポーツ歯科 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マウスガードでスポーツのパフォーマンスは向上する? 注目されるスポーツ歯科

連載「スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男dot.#ヘルス#病気#病院
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

 スポーツと歯科とは一見関係なさそうに見えますが、じつは「スポーツ歯科」という専門的な分野があります。口や歯は、スポーツをしている際に比較的けがをすることが多い部位であり、口腔保護用のマウスガードを装着することが義務化されている競技もあります。また、最近のスポーツ科学の研究により、マウスガードを着用して歯のかみ合わせをよくするとパフォーマンスが向上することもわかってきました。これら二つの面を含めて、スポーツ歯科の重要性について、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に紹介してもらいます。

*  *  *
 おそらくみなさんは、ボクシングの試合をしている選手が口の中にマウスピースを着けている姿を見たことがあるでしょう。

 ボクシングのように顔面を殴打される格闘技や、アメリカンフットボールのように選手同士がぶつかり合うコンタクトスポーツなどでは、脳しんとうと並んで、歯の破折、口唇や口腔粘膜の損傷、顎関節の脱臼、顎骨骨折といった「口腔の外傷」の発生頻度が高くなります。そのため、選手の安全性を高めるため、衝撃を吸収するための口腔用の保護具が用いられています。

 これをボクシングではマウスピース、ラグビーなどほかのスポーツではマウスガードと呼ぶことが多いのですが、いずれも同じものを指しています。

 スポーツ用のマウスガードは、とくに顔面や頭部の外傷リスクの高いスポーツ競技では着用が必須とされています。規則において義務化されている競技には、ボクシング、キックボクシング、極真空手、テコンドー、総合格闘技、アメリカンフットボール、ラグビー(中学・高校)、アイスホッケー、ラクロスなどがあります。

 そのほかにも、サッカー、硬式野球、柔道、バスケットボール、バレーボール、テニス、ハンドボール、相撲、レスリング、スキー、スノーボード、ウェートリフティング、体操など、比較的ハイリスクとされる多くの競技において、練習や試合の際に多くの選手がマウスガードを着用しています。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい