コロナ後のビジネスでの問題解決に必要な「地図」と「武器」とは

仕事

2020/06/05 09:00

 平成・令和を経ても守り続けられた日本の企業や個人を取り巻く環境は、コロナ・ショックによって働き方といったレベルを超え、思考法や必要なスキルまで強制的に変わりつつある。マッキンゼー・アンド・カンパニーなど名だたる企業・組織を渡り歩き、国の有識者会議のメンバーとしても活躍してきたビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)副学長の宇田左近氏に、マッキンゼーの後輩であり、BBT大学で講師を務める高松康平氏の著書『筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」』をヒントに、「コロナ禍後の世界でビジネスパーソンとして生き抜くために必要なスキル」について寄稿いただいた。

あわせて読みたい

  • 共通テスト数学、「問題解決のプロセス」が出題の肝 検討会議の専門家はどう評価?

    共通テスト数学、「問題解決のプロセス」が出題の肝 検討会議の専門家はどう評価?

    AERA

    3/29

    コロナ禍「不条理と闘うスキル」得るチャンス 高校生は「英語」「プログラミング」を

    コロナ禍「不条理と闘うスキル」得るチャンス 高校生は「英語」「プログラミング」を

    AERA

    5/21

  • コロナ禍でプログラミングに目覚めた“文系”人 楽天では“ハイブリッド人材”育成の動きも

    コロナ禍でプログラミングに目覚めた“文系”人 楽天では“ハイブリッド人材”育成の動きも

    AERA

    12/3

    なぜオードリー・タン氏は台湾を変革できたのか? 「ひびのあるところに、光は差し込む」の言葉から読み解く

    なぜオードリー・タン氏は台湾を変革できたのか? 「ひびのあるところに、光は差し込む」の言葉から読み解く

    AERA

    1/1

  • パクる、丸投げする、撤退する――ひろゆきが教える「ラクして成果を上げる抜け道」の見つけ方

    パクる、丸投げする、撤退する――ひろゆきが教える「ラクして成果を上げる抜け道」の見つけ方

    BOOKSTAND

    5/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す