「私は昭恵さんと絶縁した」 森友問題から大分旅行まで元「盟友」が見てきた首相夫人の素顔 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「私は昭恵さんと絶縁した」 森友問題から大分旅行まで元「盟友」が見てきた首相夫人の素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
友人からの批判の声は昭恵氏の耳に届くのだろうか(C)朝日新聞社

友人からの批判の声は昭恵氏の耳に届くのだろうか(C)朝日新聞社

  新型コロナウイルスの感染拡大で緊迫感が高まる中、「花見写真」や「大分旅行」で世間の批判にさらされている安倍昭恵氏。こうした自由奔放なふるまいには、身近な人たちからも疑問の声が上がる。かつて昭恵氏と「盟友」だった男性は「今ではもう語り合える気がしない」と突き放す。

【写真】安倍首相主催の「桜を見る会」ではNo.1キャバクラ嬢も招待されていた

*  *  *
「またやっちゃったなと思いました。彼女らしくて。真剣に怒ったり、あきれたりする感情は特にないですね」

 そう話すのは、安倍昭恵氏と親交が深かった元バー経営者の高坂勝さん(50)だ。

 高坂さんは2年前まで東京・池袋でオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を経営していた。

 当時、このバーは菅直人元首相などの政治家や、都知事候補にもなったミュージシャンの三宅洋平氏など社会活動家も出入りする「言論の場」となっていた。店主の高坂さんは自他ともに認める「反安倍」で、店頭には「アベ政権反対」の看板が掲げられていたほどだ。

 そんななか、安倍政権の「中心人物」ともいえる女性が常連客にいた。安倍昭恵氏だ。

 きっかけは2011年1月。昭恵氏からのアプローチだった。高坂さんは過度な消費生活から抜け出し、余暇をもってゆとりのあるペースで暮らす「ダウンシフト」の生き方を実践しており、『減速して自由に生きる ダウンシフターズ』などの著書もある。昭恵氏は、高坂さんのこうした生き方を紹介した正月の新聞記事を読んで興味を持ったようで、「ぜひ会いたい」とメールで連絡してきたのだという。 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい