「声は嘘をつけない」メンタルボイストレーナーが教える“部下に軽く見られない”話し方

仕事

2020/06/02 10:29

「声は嘘をつけません」。そう話すのは『繊細すぎる人のための自分を守る声の出し方』(朝日新聞出版)の著者で、メンタルボイストレーナーの司拓也さんだ。人事異動がある季節の変わり目(1月、4月、9月)になると、管理職になりたての人が、司さんのボイストレーニングスクールを受講しに来る。実は、部下に軽く見られたり、ばかにされない上司になるのに必要なのは「声」なのだという。どういうことなのか? 司さんにご寄稿いただいた。

あわせて読みたい

  • 元気で明るいイメージを与える「印象の良いあいさつ」の仕方とは

    元気で明るいイメージを与える「印象の良いあいさつ」の仕方とは

    BOOKSTAND

    9/4

    本を読むだけでヤセる? やり方一つで効果絶大!  今すぐ「朗読」でデトックス

    本を読むだけでヤセる? やり方一つで効果絶大! 今すぐ「朗読」でデトックス

    tenki.jp

    4/10

  • GACKTの「発声障害」とは? 喉に異常なく、いじめで言葉が出なくなる人も

    GACKTの「発声障害」とは? 喉に異常なく、いじめで言葉が出なくなる人も

    dot.

    9/12

    “声がれ”は病気サイン、嚥下問題の兆しも 「あー」発声15秒未満は要注意

    “声がれ”は病気サイン、嚥下問題の兆しも 「あー」発声15秒未満は要注意

    週刊朝日

    4/5

  • 50代から始まる“声の老化” そのメカニズムとは?

    50代から始まる“声の老化” そのメカニズムとは?

    週刊朝日

    7/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す