「自称・無職」のアーティスト秋山黄色が語る 「10の秘密」主題歌制作で感じた“絶望” (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「自称・無職」のアーティスト秋山黄色が語る 「10の秘密」主題歌制作で感じた“絶望”

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本直也dot.
秋山黄色(あきやま・きいろ)/1996年3月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身。2020年3月4日に1stアルバム「From DROPUOT」でメジャーデビュー(写真提供/EPICレコードジャパン)

秋山黄色(あきやま・きいろ)/1996年3月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身。2020年3月4日に1stアルバム「From DROPUOT」でメジャーデビュー(写真提供/EPICレコードジャパン)

1stアルバム「From DROPUOT」のジャケット写真(写真提供/EPICレコードジャパン)

1stアルバム「From DROPUOT」のジャケット写真(写真提供/EPICレコードジャパン)

 3月17日に最終回を迎えた「10の秘密」(フジテレビ系)。主演の向井理をはじめ、仲間由紀恵、渡部篤郎など、名だたる俳優陣が出演していたとあって、話題を集めた作品だった。しかし、このドラマで最も注目されたのは主題歌を担当したシンガーソングライターの秋山黄色(24)かもしれない。

【写真】1stアルバム「From DROPOUT」のジャケットはこちら

 秋山は、3月4日に発売された1stアルバム「From DROPOUT」でメジャー・デビューしたばかりの新人アーティスト。ドラマの主題歌「モノローグ」は、秋山がドラマ用に書き下ろした楽曲だ。2月からYouTubeで公開されているMVは、すでに動画再生回数900万回を突破している。16日に放送された「CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2020」(TBS系)では、ブレイクを予感させるアーティストとして紹介され、生放送で圧巻のライブパフォーマンスを披露。番組内で音楽プロデューサーの蔦谷好位置は「ロックシーンを引っ張っていくような存在」と高評価し、音楽誌「ROCKIN’ON JAPAN」の山崎洋一郎編集長は「ミュータントのようなエイリアンのような、新しい時代の新しい才能。本物のロックアーティスト」と絶賛した。

 音楽メディア以外への露出が極端に少ない秋山がAERA dot.のインタビューに応じた。

*  *  *

――日増しに注目度が高まっていると思います。今の自分の現状をどう感じていますか?

 素直に嬉しいです。でも僕としては一年前と何も変わっていないのが正直なところです。本人って意外とそういうのが分かりづらいというか、周りよりもあまり感じられていないのかも。ただ、自分が思っている以上の反応が返ってきてるっていうのだけ、肌感覚でなんとなく伝わっています。

 たまに「曲にすごく救われました」なんて言われることもあって嬉しいんですけど、僕は救う気なんてまったくないんです。僕の曲は、独り言みたいな歌詞もあれば、優しい歌詞もあるしバラバラ。色んな作り方をしているので、感じ方も人それぞれだと思う。僕が積極的に思いを届けようと思って書いてる歌詞のほうが刺さる人もいれば、そうじゃない歌詞が刺さる人だっている。そう考えると聞いてる人がどう思うかは僕のコントロールの範疇にないと気がしますから。でも、刺激を与えようかなって思って作っている曲は多いので、ちゃんと狙い通りに届いてるんだなって思えて嬉しいですね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい