無観客決勝だったR-1ぐらんぷり 「面白くなかった」と叩かれるワケ

道理で笑える ラリー遠田

ラリー遠田

2020/03/14 11:30

 例えば、最近の『R-1』ではおいでやす小田、マツモトクラブ、ルシファー吉岡のように、質の高いコントを演じて何度も決勝に上がっている常連組がいるのだが、彼らは一度も優勝できていない。彼らはそれぞれのアプローチで3分の尺に合わせた見事な「芸」を披露しているのだが、それだけで勝ち切れないところにこの大会の難しさがある。

『R-1』は芸を楽しむのではなく、笑いを生み出すためのアイデアや切り口を楽しむ大会だと思う。出場する芸人によって演じるネタの種類も、笑いへのアプローチの仕方も全く違う。その混沌をありのままに受け入れて楽しむのが『R-1』を見るときの正しい作法なのだ。

 今年は決勝が無観客で行われたため、場の空気をつかむことが例年以上に困難だった。そんな特殊な状況下で泥沼の戦いを制したのは、マヂカルラブリー野田クリスタルだった。彼は自作のB級感たっぷりのゲームをプレイするというネタで現場にいる審査員を笑わせて、テレビ越しに視聴者の心もつかんだ。

 野田が披露したネタについて「単にゲームをやっているだけじゃないか。こんなのネタじゃないよ」などと批判する人もいるが、私に言わせれば、それは『R-1』を芸を見せる大会だと思っている側の意見だ。

『R-1』はルールに則ってリングの上で行われる格闘技ではなく、街角で行われる喧嘩だ。落ちているビール瓶でも鉄パイプでも何でも使って、最後に立っていた者が勝者なのだ。自作のゲームをプレイするという新しい笑いの形を示した野田こそが、『R-1』の王者にはふさわしいのである。(ラリー遠田)

ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)など著書多数。近著は『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)。http://owa-writer.com/

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • R-1ぐらんぷりの流れを変えたほぼ全盲の優勝者、濱田祐太郎の実力
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    R-1ぐらんぷりの流れを変えたほぼ全盲の優勝者、濱田祐太郎の実力

    dot.

    3/10

    「R-1グランプリ2021」大幅リニューアルし王道路線でどうなるのか? 
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    「R-1グランプリ2021」大幅リニューアルし王道路線でどうなるのか? 

    dot.

    3/6

  • 「R-1」芸歴10年以内に資格変更 ベテランのハダカ芸やカツラ芸が消えるのは吉と出るか?
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    「R-1」芸歴10年以内に資格変更 ベテランのハダカ芸やカツラ芸が消えるのは吉と出るか?

    dot.

    11/28

    盲目のR-1王者・濱田祐太郎 「障害ネタはタブーにあらず」

    盲目のR-1王者・濱田祐太郎 「障害ネタはタブーにあらず」

    AERA

    3/17

  • M-1準優勝おいでやすこが 力で押し切る大声ツッコミの圧倒的存在感
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    M-1準優勝おいでやすこが 力で押し切る大声ツッコミの圧倒的存在感

    dot.

    12/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す