すでに新型コロナ重症患者を救命 救命率70%超の「最終的な切り札」とは?

ヘルス

2020/03/02 11:30

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により、国内でも陽性患者が増加し、一部の患者で重症肺炎に陥るケースが出てきている。有効な治療薬もないなかで、多くの人が、重症化、死亡に関する不安、恐怖を抱えている。しかし、東京都立多摩総合医療センター救命救急センター部長の清水敬樹医師は、「重症化した場合の集中治療として、体外式膜型人工肺(Extra Corporeal Membrane Oxygenation: ECMO)という装置の装着が救命のための最終的な切り札になる」と訴える。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す