たまたま飲んだ風邪薬で試合出場停止 スポーツ「うっかりドーピング」防ぐには?

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/03/09 07:00

 オリンピックや世界大会でメダルを取った選手が、「ドーピング違反によりメダル剥奪」といった残念なニュースは、後を絶ちません。勝利に執着するあまり、禁止薬物を使ったドーピングに走る選手たちがいることは、スポーツ界において大きな問題です。その一方、ドーピングとは無縁の選手が、たまたま飲んだ風邪薬やサプリメントが原因となり、ドーピング検査が陽性になるといった「うっかりドーピング」の悲劇も起きています。そこで、正しいドーピング防止の知識や、薬の選び方・使い方を相談できる「スポーツファーマシスト(薬剤師)」について、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に教えてもらいます。

あわせて読みたい

  • ドクターストップだけじゃない アスリートを陰で支える「スポーツドクター」の役割とは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    ドクターストップだけじゃない アスリートを陰で支える「スポーツドクター」の役割とは?

    dot.

    9/9

    チームの勝敗や選手生命に関わる決断をする帯同ドクター どんな医師がなっている?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    チームの勝敗や選手生命に関わる決断をする帯同ドクター どんな医師がなっている?

    dot.

    10/14

  • ドーピング違反の広島・バティスタ外野手 契約継続巡り賛否両論の声が上がる理由

    ドーピング違反の広島・バティスタ外野手 契約継続巡り賛否両論の声が上がる理由

    週刊朝日

    9/12

    瞬発系のチーターと持久系の人間とは筋肉の質が違う 筋肉のうんちく4連発

    瞬発系のチーターと持久系の人間とは筋肉の質が違う 筋肉のうんちく4連発

    AERA

    9/28

  • 受験に薬物使用で知能アップ? 「アカデミックドーピング」の現状

    受験に薬物使用で知能アップ? 「アカデミックドーピング」の現状

    BOOKSTAND

    7/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す