現役医師が訴える「新型コロナウイルスを正しく恐れよう」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

現役医師が訴える「新型コロナウイルスを正しく恐れよう」

連載「現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”」

大塚篤司dot.#ヘルス#新型コロナウイルス
大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 トンズランス感染症は診断さえつけば、抗真菌剤で治療が可能です。専門家の中で知識が共有され、柔道やレスリングをしている一般の人に病気の啓蒙(けいもう)をすることで流行は収まりました。

 よく言われることですが、現在のような感染症が広まっている状況では「正しく恐れる」ことが大事です。

「正しく恐れる」ということは、「根拠のある医療情報」をもとに自分の行動を決めることだと私は考えています。

 ここでいう「根拠のある医療情報」とは、専門家の個人的な発言やブログではなく、論文のことです。それも専門家の査読(さどく)を受けた科学論文です。

 一般の人がこういった論文にアプローチすることは難しいかもしれませんが、論文を解説してくれる専門家もいます。専門家の個人の意見なのか、論文を根拠とした情報なのか、見極める必要があります。

「心配しすぎるくらいでちょうどよい」という意見も目にします。この意見はもっともなのですが、それはあくまでも個人の活動においてです。

 外に向かって発する過剰な不安は、有限である医療資源(リソース)を無駄に消耗させるリスクがあります。

 現在のような状況では、本当に必要な患者さんのために医療資源はできるだけ温存しておくことが望ましいと思います。

 そのためには、デマやウソに惑わされないように気をつけることも大事ですし、デマやウソを拡散しないことも大事です。

 個人の意見なのに主語を大きくして語ることや、レッテルを貼り情報を一括にすることは避けたほうがよいでしょう。混乱を引き起こすだけです。

 さらに、間違った情報や理解は差別を生み出します。

 皮膚科領域では乾癬(かんせん)という皮膚の病気がありますが、この病気は名前と違って感染しない病気です。

 いまだに乾癬はうつる病気だと誤解され、日常生活でつらい思いをされている患者さんはたくさんいます。

 病気で苦しむ人を減らすことは、私たち医者の仕事です。しかし、病気をとりまく状況で苦しむ人がでないようにするのは、医者だけでなく全員ができることだと思います。

 全員の力を合わせてこの苦境を乗り越えましょう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい