「迷惑乗り入れ」と抗議された過去も!東京メトロ千代田線の波乱の半世紀

鉄道

2020/01/28 07:00

 都心で暮らす人々にとって日々の生活に欠かせない地下鉄。その一つ、東京メトロ千代田線が昨年末に、1969年12月20日の開業から50周年を迎えた。その50年間の歴史には、今では当たり前になった相互直通運転で、「迷惑乗り入れだ!」と抗議集会が巻き起こった過去も。当時日本初の建設工法を採り入れたり、まさに、エポックメイキングな路線と言える。半世紀のエピソードを紹介しよう。

あわせて読みたい

  • 「座って通勤」に激震!鉄道直通運転増加で泣く人・笑う人

    「座って通勤」に激震!鉄道直通運転増加で泣く人・笑う人

    ダイヤモンド・オンライン

    6/4

    大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    dot.

    12/31

  • 高輪ゲートウェイ駅 “山手線最後の新駅”とされる理由

    高輪ゲートウェイ駅 “山手線最後の新駅”とされる理由

    dot.

    7/21

    開成を東大合格者数1位に押し上げたのは「西日暮里駅」? 進学校と鉄道の関係を読み解く

    開成を東大合格者数1位に押し上げたのは「西日暮里駅」? 進学校と鉄道の関係を読み解く

    dot.

    4/17

  • 鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

    鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

    dot.

    9/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す