来年3月の全線急行化も話題、醤油輸送から発展を遂げた「東武鉄道野田線」とは?

鉄道

2019/11/11 11:30

 東武鉄道野田線が開業して108年。軽便鉄道から始まり、野田の醤油(しょうゆ)を輸送する目的により大きく発展した。今や東京近郊のベッドタウン同士を結ぶ路線として、都市間輸送を担う。前回の記事「『東武アーバンパークライン』2020年3月ダイヤ改正を占う」でも紹介した、急行区間拡大も話題のこの路線史を振り返る。

あわせて読みたい

  • 急行区間の拡大でどうなる!?「東武アーバンパークライン」2020年3月ダイヤ改正を占う

    急行区間の拡大でどうなる!?「東武アーバンパークライン」2020年3月ダイヤ改正を占う

    dot.

    10/27

    昭和の頃は”高嶺の花”だった有料の特急 いまや快適な通勤に利用されるワケとは?

    昭和の頃は”高嶺の花”だった有料の特急 いまや快適な通勤に利用されるワケとは?

    dot.

    11/3

  • 「踊り子」もOK 明日から実践、私鉄&三セク“乗り得列車”

    「踊り子」もOK 明日から実践、私鉄&三セク“乗り得列車”

    dot.

    9/2

    「埼京線」は実は”本名”ではない! 各地で増えている愛称を名乗る路線

    「埼京線」は実は”本名”ではない! 各地で増えている愛称を名乗る路線

    dot.

    5/12

  • 通勤需要が観光需要を上回る 関東「私鉄特急戦国時代」

    通勤需要が観光需要を上回る 関東「私鉄特急戦国時代」

    dot.

    7/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す