寝たきりを防ぐにはロコモ予防 医師がすすめる五つの心得とは?

ヘルス

2019/11/06 11:30

 いつまでも元気に動けるからだでいるために、私たちが日々の生活のなかでできることがあります。その「心がけたい五つのポイント」を日本整形外科学会広報・渉外担当理事で、横須賀共済病院整形外科部長の江畑功医師に聞きました。週刊朝日ムック『首腰ひざのいい病院2020』からお届けします。

あわせて読みたい

  • 「股関節の痛み」は中高年以降の女性に多く発症 子育て中に子どもを抱くなどの負荷が影響?

    「股関節の痛み」は中高年以降の女性に多く発症 子育て中に子どもを抱くなどの負荷が影響?

    dot.

    12/2

    「抱っこで赤ちゃんの股関節が脱臼」はホント? 軟骨がすり減る影響も!

    「抱っこで赤ちゃんの股関節が脱臼」はホント? 軟骨がすり減る影響も!

    dot.

    10/22

  • スポーツを始める高齢者が増加 予防が期待できる二つの病気は?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    スポーツを始める高齢者が増加 予防が期待できる二つの病気は?

    dot.

    9/28

    O脚が多い日本人は関節の内側がすり減ってる? 我慢してはいけないひざの痛み

    O脚が多い日本人は関節の内側がすり減ってる? 我慢してはいけないひざの痛み

    dot.

    3/6

  • 黒柳徹子が明かした「大腿骨骨折」 患者数が年々増加、寝たきりリスクも

    黒柳徹子が明かした「大腿骨骨折」 患者数が年々増加、寝たきりリスクも

    dot.

    9/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す