「悪女」がハマリ役の菜々緒が、キャラ変に必死なこれだけの理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「悪女」がハマリ役の菜々緒が、キャラ変に必死なこれだけの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
抜群のスタイルの菜々緒(c)朝日新聞社

抜群のスタイルの菜々緒(c)朝日新聞社

 10月11日からスタートした、福士蒼汰主演ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系)に出演中の女優・菜々緒(31)。手を重ねた人の“死の運命”が見えるという特殊能力を持った救命救急士役の福士と、1年後に死ぬ運命にある義姉役の菜々緒との切ない恋を描いたヒューマンラブストーリーで、菜々緒は恋愛ドラマのヒロインに初挑戦。心優しいナチュラル系の女性を演じている。

【写真】超大胆なスリットの入ったドレスで美脚を披露した菜々緒

 菜々緒といえばモノトーンのスーツを着た悪女役というイメージが強い。今作の役柄についてSNS上では、「清純派の菜々緒がどうしても違和感ある」「悪女じゃない菜々緒さん新鮮」など、さまざまな声があがっている。初回の平均視聴率は10.3%で2ケタの好発進。賛否はありつつも女優として新境地を開きそうだが、これにテレビ情報誌の編集者は、演じる役柄だけでなく、最近は多方向から悪女のイメージを脱しようとしている感じがあります」と評する。

「先日放送されたバラエティ番組では、7年前のイベントに来てくれた男の子と番組の企画で再会し、瞳を潤ませていました。何でも、当時はまだテレビ露出が少なかったにもかかわらず、その男の子は客席で『ななおちゃん ありがとう!』と書かれたボードを持っていたそうなんです。しかも、イベントに来ていた菜々緒の母が偶然、その男の子を見つけて写真を撮らせてもらい、菜々緒はその写真を携帯に入れて励みにしていたとか。さらに、別のバラエティ番組では焼き肉店でアルバイトをしていた頃、1~2年くらい片思いをしていた男性がいたと告白。そんな、ピュアな内面を感じさせるエピソードを話すことが最近増えているように思います」

 テレビだけでなく自身のインスタグラムでも、悪女のイメージとは違った一面をアピールしている。例えば6月12日にはファンからの質問に回答。男性へのアプローチの仕方を聞かれると、「自分に自信がないので基本的には受け身です」「連絡先とか絶対に聞けない。笑」とコメントしていた。

「8月28日の投稿では、旅先のスリランカでゴミ拾いをしたことを報告していました。砂浜に大量のゴミがあり、友達と一緒に拾ったそうです。さらに、『正直、私一人がやったところでって思いました。だけど、やり始めたら見かけた人が手伝ってくれたんです。これをきっかけに、思いや行動が伝わり広がったらいいなと思いました』と心情を語っていました」(前出の編集者)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい