オープンキッチン完備も! 高級感あふれる至高の「レストラントレイン」3選 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オープンキッチン完備も! 高級感あふれる至高の「レストラントレイン」3選

このエントリーをはてなブックマークに追加
古谷あつみdot.#鉄道
できたての料理が楽しめる「西武 旅するレストラン 52席の至福」(提供/古谷あつみ)

できたての料理が楽しめる「西武 旅するレストラン 52席の至福」(提供/古谷あつみ)

「伊予灘ものがたり」が停車する伊予上灘駅で、副駅長のマロンちゃんと(提供/古谷あつみ)

「伊予灘ものがたり」が停車する伊予上灘駅で、副駅長のマロンちゃんと(提供/古谷あつみ)

東シナ海を望む絶景ポイントを走る「おれんじ食堂」(C)朝日新聞社

東シナ海を望む絶景ポイントを走る「おれんじ食堂」(C)朝日新聞社

「西武 旅するレストラン 52席の至福」。車体は車両ごとに秩父の四季をイメージしたデザインになっている(提供/西武鉄道)

「西武 旅するレストラン 52席の至福」。車体は車両ごとに秩父の四季をイメージしたデザインになっている(提供/西武鉄道)

 近年話題となっている観光列車のなかでも、車内で食事のできる「レストラントレイン」は特に人気が高まっています。前回紹介した「女性必見!「寝台特急サンライズ」で快適に過ごすための注意点とは」に続き、今回も鉄道タレントとして全国を巡る私、古谷あつみが、これまでに乗車したなかでもとりわけ深く記憶に残っている列車を3つご紹介します。

【写真特集】内装は隈研吾デザイン。コース料理を満喫できる「52の至福」
 
*  *  *
■レストラントレインの元祖!「おれんじ食堂」

 まずひとつ目は、美しい海を眺められることで有名な肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道の「おれんじ食堂」。実はこの列車、専用車両を用いた「レストラントレイン」の第1号なのです。

 メニューは季節ごとに変わりますが、料理は沿線のレストランのシェフが調理したものが提供されます。私が乗車したときのメイン料理は、南九州産黒毛和牛のタタキ赤ワインソースでした。盛り付けも華やかで、目にも楽しめる料理でした!

 九州西海岸沿いに走る肥薩おれんじ鉄道は、熊本県の八代駅と鹿児島県の川内(せんだい)駅の間を結ぶ第三セクター鉄道で、八代海や東シナ海などビューポイントがたくさんあることで人気の路線です。

 この列車は車窓が美しいのはもちろん、接客がとにかくすばらしいことがお気に入りのポイントです。「おれんじ食堂」の乗務員は、そのほとんどがホテルなどに勤務した経験を持つ、接客のスペシャリスト。

 商品のこともよく勉強されており、カウンターではその日の気分に合わせたお酒の相談にも乗ってくれます。車内で販売されているお酒のことはもちろん、そのほかのお酒のことも知識が深く、接客も落ち着きがあり安心感があります。

 そしてもうひとつのお気に入りポイントは、豊富な種類のお酒を楽しめること。南九州の焼酎類はもちろん、日本酒やワイン、ビールなども揃っており、お酒が好きな女性には特におススメしたい列車です。

■心に響くレストラントレイン「伊予灘ものがたり」

 つづいては、こちらも海沿いを走るレストラン列車「伊予灘ものがたり」です。JR四国の松山駅から伊予大洲駅・八幡浜駅間を、海沿いの予讃線(愛ある伊予灘線)経由で運行されている列車です。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい