フワちゃん 動画とテレビを横断するハイブリッド芸人は「令和のシノラー」なのか (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フワちゃん 動画とテレビを横断するハイブリッド芸人は「令和のシノラー」なのか

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
YouTube個人チャンネル「フワちゃんTV/FUWACHAN TV」2019年10月時点の登録者数は36万人(写真はイメージ/Getty Images)

YouTube個人チャンネル「フワちゃんTV/FUWACHAN TV」2019年10月時点の登録者数は36万人(写真はイメージ/Getty Images)

 今から4年前、変わり者の芸人ばかりが出るというコンセプトのお笑いライブを見に行ったことがある。どの芸人も面白かったのだが、その中でひときわ印象に残る男女コンビがいた。

 ネタの内容はよく覚えていないのだが、野性的な雰囲気のギャルっぽい女性が「乳首、痛えよ!」というフレーズをひたすら何度も連呼していた。大人の女性が大声で叫ぶ「乳首」という単語が、不思議と下品でもなく、いやらしくもない。ただ、いい意味で「バカだな~」と安心して笑える感じがある。彼女は1人だけギャグ漫画の世界から抜け出てきたような異様なオーラを身にまとっていた。

 現場ではそれほどウケていなかったが、一緒にこのライブを見ていた業界関係者も「あのコンビは売れるかもしれない」と言っていた。私もその衝撃をTwitterに書き残したところ、その女性本人から「なんかよくわかんないけどめっちゃ褒められてんじゃね?」みたいな感じのリツイートが来た。彼女のタイムラインを覗いてみたところ、どの書き込みも期待を裏切らない軽薄さだった。

 何を隠そう、その女性芸人というのが現在絶賛大ブレーク中のフワちゃんである。彼女はかつて芝山大補と「SF世紀宇宙の子」というコンビで活動していた。だが、芝山の作るネタを的確に演じるための表現力が不足していたため、コンビとしての活動は行き詰まり、解散することになった。

 ピン芸人になったフワちゃんはYouTubeという新しい表現手段を見つけて、そこに徐々にのめり込んでいった。もともとInstagramで自ら加工した「おもしろバカ画像」をアップし続けていた彼女は、映像編集にも同じような楽しみを見出したのだ。明るさ、勢い、行動力、ファッションや映像のセンス――YouTubeの世界では、フワちゃんという人間の本来持っている強みが存分に生かされた。フォロワー数はどんどん増えていき、人気YouTuberの仲間入りを果たした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい