被災したジャーナリスト高野孟が語る千葉台風災害「東京五輪はお祈りするしかない」

2019/09/19 15:35


 9日に関東地方に上陸した台風15号の影響で、千葉県内では今も停電が続く。なかには水道が止まっている地域もあり、復旧が遅れた地域に住む住民の疲労はたまり続けている。2007年に千葉県鴨川市の山中に移住したジャーナリストの高野孟さんも被災者の一人だ。台風直撃の後から、どんな日々を過ごしたのか。被災者の一人として自らの状況を記した『高野孟のTHE JOURNAL』の原稿を転載する。

あわせて読みたい

  • 千葉台風が自宅を直撃したジャーナリストの日記「電気復旧まで2週間で絶望」

    千葉台風が自宅を直撃したジャーナリストの日記「電気復旧まで2週間で絶望」

    dot.

    9/19

    千葉大規模停電 老人ホームでも熱中症相次ぐ 住民「とにかく電気がほしい」

    千葉大規模停電 老人ホームでも熱中症相次ぐ 住民「とにかく電気がほしい」

    dot.

    9/12

  • 室井佑月「尻を叩くべきだろう」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「尻を叩くべきだろう」

    週刊朝日

    9/26

    「高潮は想定外だった」 台風21号で関空マヒ 見えた都市型災害の落とし穴

    「高潮は想定外だった」 台風21号で関空マヒ 見えた都市型災害の落とし穴

    AERA

    9/8

  • 北海道胆振東部地震から1年 復興の道はまだ半ば

    北海道胆振東部地震から1年 復興の道はまだ半ば

    tenki.jp

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す