「紀元前から適正なワインの摂取量は変わっていなかった!?」感染症医が説明 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「紀元前から適正なワインの摂取量は変わっていなかった!?」感染症医が説明

連載「ワインは毒か、それとも薬か」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩田健太郎dot.#ヘルス
岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

ワインは適正量を飲めば健康によい。少なくとも悪くはないことが示唆されている。しかし、飲み過ぎは健康によくない(写真:Getty Images)

ワインは適正量を飲めば健康によい。少なくとも悪くはないことが示唆されている。しかし、飲み過ぎは健康によくない(写真:Getty Images)

ワインは毒か、薬か。

岩田健太郎,石川雅之

9784023317741

amazonamazon.co.jp

 感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。

【この記事の写真はコチラ】

 感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健康の関係」について解説したこの連載が本になりました!『ワインは毒か、薬か。』(朝日新聞出版)カバーは『もやしもん』で大人気の漫画家、石川雅之先生の書き下ろしで、4Pの漫画も収録しています。

*  *  *
 バターや生クリームがリッチなフランス料理を食べているのに、フランス人に肥満は少ないし健康指標も悪くない。これがフレンチ・パラドックスと呼ばれている現象だ。

 その根拠としてポリフェノールたっぷりな赤ワインを飲んでいるからではないか、という説明がなされてきた。

 しかし、不飽和脂肪酸たっぷりの地中海食よりもフランス人の食生活のほうが健康的だ、というデータは乏しい。フランス人は赤ワインだけでなくチーズを食べるから健康なんだという意見もあるが(Petyaev IM, Bashmakov YK. Medical Hypotheses. 2012 Dec 1;79(6):746–91, Lallès J-P. Med Hypotheses. 2016 Jul;92:7–11)、この論争にはまだ決着が付いていない。

 フランスは先進国の中でも喫煙者が多い国だ(OECDデータ。https://data.oecd.org/healthrisk/daily-smokers.htm)。アルコール消費量も近年ワインを飲まない若者が増えているといわれているが、それでもOECD6位だ(https://data.oecd.org/healthrisk/alcohol-consumption.htm#indicator-chart)。

 ちなみにOECD加盟国のアルコール消費量で、1位は(当然のごとく)ロシアなのだが、この国の健康指標はまったくよくない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい