オリラジ中田敦彦の「挫けない」凄さ YouTube大学でリベンジ達成  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オリラジ中田敦彦の「挫けない」凄さ YouTube大学でリベンジ達成 

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
プレゼン力をいかんなく発揮、オリエンタルラジオ・中田敦彦(C)朝日新聞社

プレゼン力をいかんなく発揮、オリエンタルラジオ・中田敦彦(C)朝日新聞社

 9月4日、オリエンタルラジオの中田敦彦が手がけるYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」の登録者数が100万人を突破した。芸人YouTuberとしてはキングコングの梶原雄太に続く2人目の快挙だ。

 圧倒的な知名度を誇る芸能人といえども、登録者数100万人の壁を破るのは容易ではない。このYouTubeチャンネルは、オリエンタルラジオの代名詞になったリズムネタ「武勇伝」、音楽ユニット「RADIO FISH」としてリリースした楽曲「Perfect Human」に続いて、中田がプロデュースした3番目の大ヒット作だと言える。

「中田敦彦のYouTube大学」のメインコンテンツは、歴史、政治、経済などに関する講義である。一般に馴染みのない小難しいテーマを取り上げて、それを分かりやすく噛み砕いて面白く伝えてくれる。中田という芸人の強みである「プレゼン力の高さ」が存分に生かされている。

 このチャンネルのすごいところは、1本30分前後の濃密な内容の講義をほぼ毎日というすさまじいペースでアップし続けていること。そして、中田自身がプレゼンのために毎回猛勉強して新しい知識を入れて、それをアウトプットしているということだ。

 塾講師や大学教授が自分の専門分野について講義するのとはわけが違う。中田は自ら学びながら、それをコンテンツとして提供しているのだ。いわば、壇上に立つプレゼンターであると同時に、生徒の1人でもある。人並み外れた知的好奇心と情熱がなければ、こんなことをやり続けるのは不可能だろう。

 しかも、中田にはほかの芸能人にない特別な才能がある。それは、知的なバランス感覚だ。「教養」と言い換えてもいい。慶應義塾大学を卒業している中田は、お笑い界有数のインテリ芸人である。ここで言うインテリとは単に知識量の多い人ではなく、それを分別する知性の持ち主を指す。中田にはそういう意味での知的なバランス感覚がある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい