感染症医が話す「なぜワインは疲労を回復させ、心に潤いを与え、薬にもなるのか?」 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

感染症医が話す「なぜワインは疲労を回復させ、心に潤いを与え、薬にもなるのか?」

連載「ワインは毒か、それとも薬か」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩田健太郎dot.#ヘルス
岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

昔からワインは「からだによい飲み物」だとされ続けてきた。その根拠は飲むと快活になること、疲れが取れる(ような気になる)こと、それと抗生物質のなかった時代の感染症の予防や治療(消毒)のためであったと推測される(写真:Getty Images)

昔からワインは「からだによい飲み物」だとされ続けてきた。その根拠は飲むと快活になること、疲れが取れる(ような気になる)こと、それと抗生物質のなかった時代の感染症の予防や治療(消毒)のためであったと推測される(写真:Getty Images)

ワインは毒か、薬か。

岩田健太郎,石川雅之

9784023317741

amazonamazon.co.jp

 感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。

 感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健康の関係」について解説したこの連載が本になりました!『ワインは毒か、薬か。』(朝日新聞出版)カバーは『もやしもん』で大人気の漫画家、石川雅之先生の書き下ろしで、4Pの漫画も収録しています。

*  *  *

 さあ、お待たせしました。それではアルコール類の中でも、ワインはどうかという議論をしよう。

 昔からワインは健康に寄与する飲み物だと考えられてきた。

 ヒュー・ジョンソンの『ワイン物語』によると、ユダヤ教の聖典「タルムード」には「ワインがなくなれば薬が必要になる」と書かれているそうだ。また、同時期(紀元前6世紀)のインドの医学書にもワインが「心と体の活性剤であり、不眠と悲しみと披露を癒し……食欲と幸福感と消化を促進する」と書かれているとか。

■適量を少しずつ飲むなら、ワインは甘美な朝露

 ギリシアの哲学者ソクラテスはこう言ったそうだ。「ワインは気持ちを和らげ、心に潤いを与えてくれる。そして心配ごとを静め、休息を与え……われらの喜びを甦らせ、消え行く命の炎に油を注いでくれるものである。適量を一度に少しずつ飲むなら、ワインはこのうえなく甘美な朝露のように、我らの肺に滴り落ちる……。そのときこそ、ワインは理性に何ら害を与えず、快い歓喜の世界に気持ちよくわれらを誘ってくれるのである」(ヒュー・ジョンソン『ワイン物語』より)
 
 ワインが「肺に滴り落ちる」という表現がぼくには興味深い(もちろん、本当は食道から胃に落ちていく)。あと、「適量を一度に少しずつ飲むならば」という条件付けがされているのも興味深い。「では、そうでないときは?」とソクラテス先生に訊いてみたい気がする。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい