「駅で困っている外国人」を見かけたら…乗り鉄なら“わかる”やさしい英会話  (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「駅で困っている外国人」を見かけたら…乗り鉄なら“わかる”やさしい英会話 

駅で使いたい英会話(2)きっぷ売り場や観光地への行き方を教える

野田 隆dot.#英会話#鉄道
(写真はイメージ/Gettyimages)

(写真はイメージ/Gettyimages)

「ジャパン・レ-ル・パス」は、訪日外国人向けのJR全線乗り放題パスである。「のぞみ」「みずほ」以外の新幹線や特急にも無制限に乗れるので、私鉄を避けてジャパン・レール・パスを使いたいという外国人はかなりいるようだ。

“Can I take Odakyu Line by Japan Rail Pass?”

「ジャパン・レール・パスで小田急線に乗れますか?」

“No, you have to buy a ticket for Odakyu line.”

「いいえ、小田急線のきっぷを買わなければなりません」

“Can I go to Hakone by JR Line?”

「JR線で箱根に行くことはできますか?」

“You can go to Odawara by JR Line. But at Odawara you can change trains to Hakone Tozan Railway.”

「小田原までは行けますが、そこで箱根登山鉄道に乗り換えなくてはなりません」

“That railway is not JR Line, so you can buy a ticket at Odawara Station.”

「箱根登山鉄道はJR線ではありませんから、乗車券を小田原駅で買ってください」

“If you use your Japan Rail Pass, go to Tokyo Station and take Tokaido Shinkansen Kodama Super Express and get off at Odawara Station.”

「ジャパン・レール・パスなら、東京駅に出て東海道新幹線『こだま』で小田原で降ります」

「列車を乗り換える」は「change trains」。新幹線は今や国際語なので「Shinkansen」のままでよい。「こだま」でも「ひかり」「のぞみ」でも「Super Express」と表記している。新幹線を使って箱根に行くなら、東京駅から東海道新幹線「こだま」に乗って小田原まで行って、箱根登山鉄道に乗り換えるよう伝える。

 小田原に停車する「ひかり」もあるけれど、「ひかり」の停車駅は複雑なので、乗り間違いを防ぐため、あえて「こだま」に乗るように伝えた方が無難であろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい