佐藤二朗 50歳になって考える故郷への恩返し

こんな大人でも大丈夫?

ドラマ

2019/07/21 16:00

「僕はなんとしても堤幸彦さんが監督、二朗さん主演、愛知県で育ったお二人で、愛知県のドラマを作りたい」。そう言って池田京平は数々の壁を乗り越え、企画を通しました。ドラマをつくりたい人がドラマをつくる。なんと真っ当なことでしょう。

 まあ、ちなみに池田京平は大阪出身ですが(笑)。しかし、とにかく、熱意をもって自分の足で立つ人には、それ相応の熱意で返さねば。

 教室の片隅にいる生徒は、しかしその内に秘めた「可能性」は中心にいる生徒にまったくヒケを取るものではないと思います。

 是が非でも良い作品にしなければ、と覚悟を決めているところです。(文/佐藤二朗)

佐藤二朗

佐藤二朗

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける。原作・脚本・監督の映画「はるヲうるひと」(主演・山田孝之)が全国公開中。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す