なぜいま、吃音が注目されているのか? 100人に1人が該当、隠そうとする人が抱える苦悩

ヘルス

2019/07/14 08:00

 医学的には「言語の流暢(りゅうちょう)性障害」と定義される症状・吃音(きつおん)。タイプはさまざまだが、言おうとする言葉の頭の部分を繰り返してしまう「連発(繰り返し)」の症状が一般に知られている。しかし、実は成人の100人に1人が吃音当事者であることはあまり知られていない。そんな吃音に関連した映画や本が相次いで刊行されている。そこで描かれる困難や苦悩にはどういったものがあるのだろうか。吃音をもった高校生の青春映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の監修者である、国立成育医療研究センター・耳鼻咽喉科の富里周太医師に、「混同しがちな二つの悩み」について聞いた。

あわせて読みたい

  • 「思ったことをしゃべろうよ」原因不明の症状「吃音」について医師がそう提案する理由

    「思ったことをしゃべろうよ」原因不明の症状「吃音」について医師がそう提案する理由

    dot.

    7/16

    「うちの子どもがちゃんとしゃべれない」……。親が知っておくべき「吃音とともに生きる」という視点

    「うちの子どもがちゃんとしゃべれない」……。親が知っておくべき「吃音とともに生きる」という視点

    dot.

    7/12

  • 本日最終回のドラマ『ラヴソング』で注目!

    本日最終回のドラマ『ラヴソング』で注目!"吃音ドクター"が明かす、知られざる「難発性吃音」の苦悩とは?

    BOOKSTAND

    6/13

    "吃音(きつおん)ドクター"が明かす、映画『英国王のスピーチ』から学べること

    BOOKSTAND

    3/16

  • 誤解だらけのアドバイスがママたちを追い詰める? 

    誤解だらけのアドバイスがママたちを追い詰める? "吃音ドクター"が伝えたい生の声とは

    BOOKSTAND

    2/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す