常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

2019/07/06 16:00

 2019年シーズンもオールスターの時期が近づき、前半戦がまもなく終了するが、懐かしいプロ野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、現役時代に数々の伝説を残したプロ野球OBにまつわる“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「巨人vsヤクルト三大乱闘編」だ。

あわせて読みたい

  • 乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    dot.

    6/12

    HR後に“はしゃぎすぎ”で報復死球…NPBで不文律を破り報復された選手たち

    HR後に“はしゃぎすぎ”で報復死球…NPBで不文律を破り報復された選手たち

    dot.

    9/1

  • 「死球なんて関係ねぇ」 内角をゴリゴリえぐった“ケンカ投法”の助っ人投手たち

    「死球なんて関係ねぇ」 内角をゴリゴリえぐった“ケンカ投法”の助っ人投手たち

    dot.

    7/3

     “死球王” 清原和博のブチ切れ伝説 「今度来たら顔ゆがめたる…」【久保田龍雄】

    “死球王” 清原和博のブチ切れ伝説 「今度来たら顔ゆがめたる…」【久保田龍雄】

    dot.

    12/7

  • 意外に武闘派? 古田敦也、頭脳派捕手が見せた「荒ぶる魂」

    意外に武闘派? 古田敦也、頭脳派捕手が見せた「荒ぶる魂」

    dot.

    9/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す