いまいち腑に落ちない人のための、森保ジャパン“3バックの使い方”講座

2019/06/07 16:00

 日本代表は6月5日にトヨタスタジアムでトリニダード・トバゴと対戦。3-4-2-1のシステムを採用して25本のシュートを記録したものの、ゴールを奪えずスコアレスドローに終わった。相手GKの頑張りや決定力不足は間違いなくあったにしても、新しいフォーメーションがまだまだ機能しない部分が大きかった。

あわせて読みたい

  • 「これじゃあ、ザックジャパンの二の舞…」 森保ジャパンが踏み込む“いばらの道”

    「これじゃあ、ザックジャパンの二の舞…」 森保ジャパンが踏み込む“いばらの道”

    dot.

    6/6

    久保建英が中島翔哉の孤立を救う? 森保ジャパンに風穴あける新たな選択肢

    久保建英が中島翔哉の孤立を救う? 森保ジャパンに風穴あける新たな選択肢

    dot.

    6/8

  • 真価問われる中島、南野、堂安の“ミラクル3” ロシア組に主役譲らぬ活躍を【河治良幸】

    真価問われる中島、南野、堂安の“ミラクル3” ロシア組に主役譲らぬ活躍を【河治良幸】

    dot.

    10/6

    いつやるの? 今でしょ! 森保Jがすぐに3バックを試すべき理由

    いつやるの? 今でしょ! 森保Jがすぐに3バックを試すべき理由

    dot.

    3/21

  • 日本代表が“キャラ薄”に? 過去の監督に比べ、チームの「色」が見当たらぬ森保J

    日本代表が“キャラ薄”に? 過去の監督に比べ、チームの「色」が見当たらぬ森保J

    dot.

    12/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す