小林麻耶のウエディングドレスと復帰宣言でささやかれる昔の事情 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林麻耶のウエディングドレスと復帰宣言でささやかれる昔の事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
上本貴子dot.
笑顔が魅力の小林麻耶 (c)朝日新聞社李

笑顔が魅力の小林麻耶 (c)朝日新聞社李

 昨年8月に引退を発表した元フリーアナウンサーの小林麻耶(39)が5月31日にブログで芸能活動を再開することを改めて明らかにした。その前日の30日に放送された「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)に夫で整体師の國光吟さん(35)と共に出演、“引退”の真相から結婚、そして現在の様子を語った。

【写真】最愛の妹・小林麻央さんを失って……

 ブログでは、事務所後に引退報道が流れたものの「体調が悪かったので引退でも仕方ないかなと思っていました。記者に追われ、怒りに任せ引退しているのでとブログで書いてしまいました」と説明し、「こういう経緯なので、引退撤回ですか?という事に対して、どういう表現をしたらいいのかというのが現状です。 体調が良くなった今、仕事をしていきたいと思います」と復帰を宣言したのだ。

 さらに6月2日放送のAbemaTV「7.2新しい別の窓」では、國光さんとの“プチ”結婚式の模様を放送、ウエディングドレス姿を披露した。

 2017年6月22日、最愛の妹・麻央さん(享年34)が帰らぬ人となり、失意の底に沈んでいた時に出会ったのが國光さんだったという。

「小林アナは『シンソウ坂上』で当時のことを振り返り、義弟である歌舞伎役者・市川海老蔵(41)の自宅に入り浸り麻央さんの後釜を狙っている、あるいは長女・麗禾ちゃん(7)、長男・勸玄くん(6)の“ママ気取り”など週刊誌などで報じられ、『死にたかった』と涙ぐんでいました。真意とは逆の報道に怒りと悲しみを覚え、限界だったと。そんな彼女を支えてくれたのが國光さんで、体調が安定したのも彼の存在があったからこそでしょう」(テレビ局関係者)

 小林アナの復帰に対して、ネット上では「元気になってよかった」「幸せそうで、いい旦那さんに出会ってよかったですね」と祝福する声が多かったが、一方では「やっぱり芸能界に戻りたいのね」「全然引退じゃないのに、やっぱり“かまってちゃん”は変わっていない」と批判的な声も少なくなかった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい