コンドームにもっと関心を 性感染症予防を真剣にバカバカしく

セックス

2019/06/03 22:00

 2つめは、浮世絵やキャラクター、名前などのイラストがプリントされている「デザインコンドーム」だ。装着した際、ゴムの中央部に帯状に印字が位置するようにプリントされている。コンドームを購入する際に「恥ずかしい」という声があったことから、デザイン性をもたせることで、そこに関心をひいてもらうことが狙い。浮世絵などは訪日外国人を意識したものだ。現在20種類ほどのデザイン案が挙がっており、販売店からの意見や利用者らからも意見を募って、今後も検討を重ねる。価格は未定だが、夏ごろからの販売を検討しているという。

「ユニークなアイデアで、少しでも多くの人に関心を持ってもらうことが狙いです。近年の性感染症の増加を受け、社内で解決策を真剣に考え、バカバカしいものを製作しました」(前出の担当者)

 性感染症の拡大抑止へ、デザインコンドームは救世主となるのだろうか。
(AERA dot.編集部/井上啓太)

1 2

あわせて読みたい

  • ネットのガセ情報「五輪で浮世絵コンドーム配布」はなぜ? 組織委とメーカーの複雑な胸中

    ネットのガセ情報「五輪で浮世絵コンドーム配布」はなぜ? 組織委とメーカーの複雑な胸中

    dot.

    8/6

    性感染症予防五つのポイント 性的な接触「いつ」「どこで」「誰と」「何をしたか」

    性感染症予防五つのポイント 性的な接触「いつ」「どこで」「誰と」「何をしたか」

    週刊朝日

    8/19

  • 「梅毒」が若い女性に増加 妊婦が感染すると胎児にも影響し40%の子が死亡も

    「梅毒」が若い女性に増加 妊婦が感染すると胎児にも影響し40%の子が死亡も

    週刊朝日

    8/21

    「梅毒」だけじゃない性感染症 なぜ感染は繰り返されるのか?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    「梅毒」だけじゃない性感染症 なぜ感染は繰り返されるのか?

    dot.

    10/24

  • クラミジア感染で不妊症に、妊婦は流産、死産も… 急増する「性感染症」の恐ろしさ

    クラミジア感染で不妊症に、妊婦は流産、死産も… 急増する「性感染症」の恐ろしさ

    dot.

    4/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す