“難婚社会”の今、令和の結婚はどうなるのだろう?

朝日新聞出版の本

2019/06/02 11:30

 結婚しない男女があふれる難婚社会の到来。困難から不要へ。加速化する現象はいったい何の表れか? なぜ、若者は結婚しないの? そもそも何のために人は結婚するの? 「婚活」の提唱者であり、昭和、平成と内外の結婚事情を丹念にリサーチしてきた社会学者の山田昌弘氏が、最新作『結婚不要社会』(朝日新書)で男女のホンネを分析した。見えてくる結婚の正体、そして未来はどうなる?

あわせて読みたい

  • 「考えただけで恐怖…」学生時代から婚活に走る女性

    「考えただけで恐怖…」学生時代から婚活に走る女性

    AERA

    1/24

    デートは予約制“常識外”が幸せ 同居、恋愛をしない「結婚」の新たな形

    デートは予約制“常識外”が幸せ 同居、恋愛をしない「結婚」の新たな形

    AERA

    10/13

  • コロナ禍の婚活最前線 「結婚はまだまだ」と考えていた層が相談所に入会する背景は

    コロナ禍の婚活最前線 「結婚はまだまだ」と考えていた層が相談所に入会する背景は

    AERA

    7/1

    「平成駆け込み婚」── 当世の“結婚の条件”とは?

    「平成駆け込み婚」── 当世の“結婚の条件”とは?

    tenki.jp

    3/2

  • コロナ禍で結婚観に変化 2拠点婚ができる一方、経済状況や恋愛経験なく苦戦する人も

    コロナ禍で結婚観に変化 2拠点婚ができる一方、経済状況や恋愛経験なく苦戦する人も

    AERA

    7/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す