「育休、何回とるつもり?」 平成が解消できなかった昭和的家族観は令和も続くのか?

仕事

2019/05/31 11:30

 平成は家族のあり方が多様化した時代だった。朝日新聞取材班が出版した『平成家族 理想と現実の狭間で揺れる人たち』(朝日新聞出版)では、昭和の慣習や制度と新たな価値観の間で悩む家族の姿が描かれている。

あわせて読みたい

  • コロナ禍の育休復帰は「整理、分担、頼る」で夫婦“協業体制”を 「育休中に話し合いを」と専門家

    コロナ禍の育休復帰は「整理、分担、頼る」で夫婦“協業体制”を 「育休中に話し合いを」と専門家

    AERA

    11/21

    高年収世帯は保活に不利だった…アラフォー出産で待ち構える現実と課題

    高年収世帯は保活に不利だった…アラフォー出産で待ち構える現実と課題

    AERA

    6/23

  • 子育て中は仕事セーブVS.やりがいもって活躍する

    子育て中は仕事セーブVS.やりがいもって活躍する

    AERA

    6/16

    コロナ禍で女性が家事負担増 深まる不平等に「男性は7対3の意識を」専門家が指摘

    コロナ禍で女性が家事負担増 深まる不平等に「男性は7対3の意識を」専門家が指摘

    AERA

    3/12

  • 共働きなのに「ワンオペ育児」の現実 40代女性が感じた「妻が家事育児をやる」価値観

    共働きなのに「ワンオペ育児」の現実 40代女性が感じた「妻が家事育児をやる」価値観

    AERA

    10/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す