ママ医師が教える ”産後うつ”と貧血の意外な関係性とは? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ママ医師が教える ”産後うつ”と貧血の意外な関係性とは?

連載「ちょっとだけ医見手帖(森田麻里子医師)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田麻里子dot.#ヘルス
森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

(写真はイメージ/Gettyimages)

(写真はイメージ/Gettyimages)

 国立成育医療研究センターの研究では、貧血と判定されたのは全体の44.2%、産後うつの可能性が高いと判定されたのは196人で、2割を超えています。産後の女性の4割以上が貧血で、5人に1人以上は精神的にかなり追い詰められているのです。

 サウジアラビアの研究では、調査対象となった女性が、妊娠中に鉄サプリメントを飲んでいたかどうかも調べられていました。鉄サプリメントを飲んでいるかどうかは産後の貧血とは関連しませんでしたが、その一方で、産後うつとの関連はみられました。妊娠中に鉄サプリメントを定期的に飲んでいた人で産後うつになったのは32.8%でしたが、全く飲んでいなかった人では50%だったのです。

 貧血と産後うつの関係はまだ研究が進められている段階で、完全には明らかになっていません。貧血を治せば産後うつも治るとか、鉄サプリを飲めば産後うつが予防できるなどと言うことはできません。しかし、日本はダイエットが盛んで、妊娠中も体重が増えすぎないようにという指導が重視されがちです。妊娠中はそもそも鉄が不足しやすい状態ですが、体重を増やさないように食事を制限すると、ますます鉄は不足しやすくなります。以前、「貧血気味の女性は知っておきたい! ママ医師が教える『鉄分』の良い摂り方」という記事でも解説したように、バランスよく食事を取りながら、特に妊娠中期以降に鉄サプリメントを飲むのは、産後うつと関係なくおすすめです。そのことにより、さらに産後うつのリスクも減らせるかもしれないとしたら、素晴らしいことではないでしょうか。


○森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

森田麻里子

森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい