コギャル代表からスーパー進学校に お嬢様学校がピンチ  変貌した中学受験の平成勢力図

2019/02/01 16:28

 平成最後の首都圏中学入試が2月1日、ピークを迎えている。一部の教育熱心な層だけの関心事だった中学受験も、いまや首都圏では5人に1人が挑む時代になった。今年受験を迎えた子を持つ親世代は、ちょうど平成になった頃の小中学生。偏差値表を見て、当時の学校の並びとの違いに驚くことも多いかもしれない。平成の30年で勢力図を塗り替えたものとは――。

あわせて読みたい

  • 女子高「御三家」の一角崩れる 「新御三家」躍進のワケ

    女子高「御三家」の一角崩れる 「新御三家」躍進のワケ

    週刊朝日

    7/10

    今後伸びる女子高の見つけ方 「MARCH」合格者数に注目せよ

    今後伸びる女子高の見つけ方 「MARCH」合格者数に注目せよ

    週刊朝日

    7/11

  • 隠れた名門校は西にあった!東大京大に強い高校【地域別トップ10】

    隠れた名門校は西にあった!東大京大に強い高校【地域別トップ10】

    週刊朝日

    3/15

    筑駒vs.開成、慶應vs.早稲田…W合格で選ばれるライバル校は?

    筑駒vs.開成、慶應vs.早稲田…W合格で選ばれるライバル校は?

    週刊朝日

    9/22

  • 2022中学入試、「伝統女子校」が人気を集めた理由は? 実践女子、跡見、山脇で志願者増

    2022中学入試、「伝統女子校」が人気を集めた理由は? 実践女子、跡見、山脇で志願者増

    dot.

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す