ビートたけしが古今亭志ん生にほれ込んだ意外な理由

道理で笑える ラリー遠田

ラリー遠田

2019/01/26 11:30

 1月6日、NHKの大河ドラマ『いだてん』が始まった。今回のドラマは開始前から何かと話題になっていた。その最大の理由は、宮藤官九郎が脚本を務めているからだ。宮藤は数々のドラマや映画の脚本に携わってきた。彼がNHKの作品を手がけるのは、2013年の連続テレビ小説『あまちゃん』以来となる。

あわせて読みたい

  • 山田邦子の独立騒動で、「テレビ」と「芸」の距離を考えた
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    山田邦子の独立騒動で、「テレビ」と「芸」の距離を考えた

    dot.

    5/25

    ビートたけしの落語と阿部サダヲの長台詞が見どころ? 異色の大河 クドカン脚本「いだてん」

    ビートたけしの落語と阿部サダヲの長台詞が見どころ? 異色の大河 クドカン脚本「いだてん」

    週刊朝日

    1/6

  • 「春の波涛」の中村雅俊が語る貞奴めぐる四角関係の面白さ
    筆者の顔写真

    植草信和

    「春の波涛」の中村雅俊が語る貞奴めぐる四角関係の面白さ

    dot.

    4/8

    『いだてん』のビートたけしに違和感? 一之輔が“真実”語る
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    『いだてん』のビートたけしに違和感? 一之輔が“真実”語る

    週刊朝日

    2/3

  • 落語を“三次元”で検証 そこから見えた大きな流れ

    落語を“三次元”で検証 そこから見えた大きな流れ

    AERA

    10/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す