日産ゴーン事件とイトマン、堀江貴文に共通する人間の性とは?【平成経済事件史】

経済プリズム

安井孝之

2019/01/04 08:00

 平成の世の始まりはバブル経済の絶頂期だった。一見きらびやかな幕開けだったが、バブル経済の崩壊で一転。「失われた10年」、「20年」を経て、日本が凋落していく時代が平成だった。この30年の日本経済を、経済事件を軸にして振り返る。

あわせて読みたい

  • ゴーン氏逮捕、解任でも結局、日産は刑事責任を取らざるを得ない
    筆者の顔写真

    安井孝之

    ゴーン氏逮捕、解任でも結局、日産は刑事責任を取らざるを得ない

    dot.

    11/22

    いま問われるバブルの失敗の本質 3人の特ダネ記者が激白 問題先送りが招いた「失われた30年」

    いま問われるバブルの失敗の本質 3人の特ダネ記者が激白 問題先送りが招いた「失われた30年」

    週刊朝日

    5/30

  • ゴーン弁護人会見で外国人記者が語る「日本で社長をやりたいと思う人はいなくなる」

    ゴーン弁護人会見で外国人記者が語る「日本で社長をやりたいと思う人はいなくなる」

    dot.

    1/8

    ゴーン逮捕の“仕掛け人”は亀井静香元金融相だった「日産幹部は日本男児として恥を知れ」

    ゴーン逮捕の“仕掛け人”は亀井静香元金融相だった「日産幹部は日本男児として恥を知れ」

    dot.

    12/7

  • 「日産の将来にとって、これしかない」「社員は悪くありません」 トップの言動を読み解くと…

    「日産の将来にとって、これしかない」「社員は悪くありません」 トップの言動を読み解くと…

    週刊朝日

    1/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す