古賀茂明「英国、トルコ原発輸出頓挫、アストリッド凍結でも諦めない安倍政権の執念」

政官財の罪と罰

古賀茂明

2018/12/31 07:00

 2018年12月17日、英国での原発建設計画について、日立製作所がコスト高を理由に事実上これを断念する意向を示したというニュースが大きく報じられた。正確に言えば、英国政府に現状のままでは厳しいと伝えたということになっているが、英国政府がこれ以上大幅な助成措置の拡大をすることは難しいので、結局は断念せざるを得ないだろうというのが大方の見方だ。

あわせて読みたい

  • 徹底検証「原子力行政の闇」官邸主導のもんじゅ廃炉の裏

    徹底検証「原子力行政の闇」官邸主導のもんじゅ廃炉の裏

    週刊朝日

    11/11

    田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」

    週刊朝日

    12/7

  • 田原総一朗「もんじゅ廃炉でも核燃料サイクルと決別できない日本」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「もんじゅ廃炉でも核燃料サイクルと決別できない日本」

    週刊朝日

    9/29

    高速増殖炉「もんじゅ」 熊本地震後も再稼働前提に議論が進んでいた

    高速増殖炉「もんじゅ」 熊本地震後も再稼働前提に議論が進んでいた

    週刊朝日

    5/12

  • これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    dot.

    12/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す