巨人ファンが「内海ロス」…怒りの矛先はFA移籍した炭谷にも

2018/12/28 10:44

「チームの顔」の電撃移籍に巨人ファンのショックが癒えない。FA移籍した炭谷銀仁朗の人的補償で西武入りしたのは内海哲也だった。左腕エースとして6度のリーグ制覇、2度の日本一に貢献。2011、12年に2年連続最多勝を獲得するなど第2次原政権の中心投手だった。明るい性格と周囲への細やかな気配りでナインの人望も厚かった。特別な選手として応援し続けてきたファンも多いだけに衝撃も大きい。「内海がいなくなるなんて…このオフは大型補強したけど喜びが吹っ飛んだ」「巨人ファンを続けられないかも…人的補償で出すなんてひどすぎる」と悲痛な叫びがSNSに殺到した。

あわせて読みたい

  • 江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後

    江川卓、清原和博、元木大介 、内海哲也、長野久義、菅野智之「巨人入りを熱望した」選手たちのその後

    週刊朝日

    5/5

    楽天は西巻のプロテクト外しに失敗? 巨人・原監督は人的補償廃止を提言 FA交渉激化で議論再燃

    楽天は西巻のプロテクト外しに失敗? 巨人・原監督は人的補償廃止を提言 FA交渉激化で議論再燃

    dot.

    11/14

  • 「人的補償の第1号」は巨人での“くすぶり”から脱出 プロテクト漏れを糧にした男たち

    「人的補償の第1号」は巨人での“くすぶり”から脱出 プロテクト漏れを糧にした男たち

    dot.

    11/11

    巨人が大型補強で精神的支柱の内海と長野を失った「代償」とは?

    巨人が大型補強で精神的支柱の内海と長野を失った「代償」とは?

    dot.

    1/8

  • 新時代の「伝統の一戦」は巨人対広島に? 影が薄すぎる阪神

    新時代の「伝統の一戦」は巨人対広島に? 影が薄すぎる阪神

    dot.

    1/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す