<第3回>飯島愛さんの担当編集者が明かす、点と丸のない文章が名文に変わるまで…【没後10年】

飯島愛のプラトニックな素顔

没後10年

2018/12/20 16:00

 タレントの飯島愛さんが2008年12月に亡くなって、ちょうど10年が経つ。人気絶頂だった01年から03年までの約2年の間、「週刊朝日」で「飯島愛の錦糸町風印税生活」を連載、のちに『生病検査薬≒性病検査薬』(朝日新聞社)のタイトルで書籍化した。170万部も売れた自伝と比べれば売れ行きこそぼちぼちだったが、性感染症予防をテーマに飯島さんが向き合った内容だった。短期集中特集の第3回は、その担当編集者・福光恵が、飯島さんとの当時のやり取りを交えて、直球で屈託がなかった素顔を綴る。

あわせて読みたい

  • 【13回忌を悼む】飯島愛さんの担当編集者が明かす 「特殊な文才」と「真っ赤な原稿」

    【13回忌を悼む】飯島愛さんの担当編集者が明かす 「特殊な文才」と「真っ赤な原稿」

    dot.

    12/26

    <第6回>飯島愛さん最後の7日間 スタッフらが語る悲しい10年前のクリスマスイブ【没後10年】

    <第6回>飯島愛さん最後の7日間 スタッフらが語る悲しい10年前のクリスマスイブ【没後10年】

    dot.

    12/23

  • <第2回>飯島愛さんが亡くなる直前、会った医師が明かす持病の悪化【没後10年】

    <第2回>飯島愛さんが亡くなる直前、会った医師が明かす持病の悪化【没後10年】

    dot.

    12/19

    <第1回>飯島愛さんが両親にだけ語っていた「芸能界引退」の意外な理由【没後10年】

    <第1回>飯島愛さんが両親にだけ語っていた「芸能界引退」の意外な理由【没後10年】

    dot.

    12/18

  • 【13回忌を悼む】飯島愛さんの死の直前に会った医師が感じた「異変」

    【13回忌を悼む】飯島愛さんの死の直前に会った医師が感じた「異変」

    dot.

    12/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す