ゴーン逮捕に揺れる「日産自動車」 2018年就職者の出身大学ランキング (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴーン逮捕に揺れる「日産自動車」 2018年就職者の出身大学ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林哲夫dot.#朝日新聞出版の本#読書
カルロス・ゴーン氏(c)朝日新聞社

カルロス・ゴーン氏(c)朝日新聞社

2018年の日産自動車就職者数(大学通信調べ。東京大は東京大学新聞、京都大は京都大学新聞から集計)表の続きはこちら

2018年の日産自動車就職者数(大学通信調べ。東京大は東京大学新聞、京都大は京都大学新聞から集計)表の続きはこちら

 さぞかしショックだったことだろう。日産自動車の新入社員や来年入社予定の大学生、大学院生は、カルロス・ゴーン氏逮捕の報をどう受け止めていいものやら、頭を抱えているはずだ。

【東京大、京都大、早稲田大、慶應大… 日産自動車への就職者数ランキング最新版はこちら】

 会社のトップに司直の手が入ったことは、企業にとって大変な不祥事である。日産自動車がこれまで築きあげてきたブランド力が傷つけられてしまった。だからといって、日産自動車の経営が危機に瀕したり、屋台骨が大きく揺らいだりするわけではないはずだ。同社は信頼回復に向けて、新しい体制のもとで動き出すだろう。

 不祥事を乗り越えて、将来どのように発展していくか。これは若手社員にかかっている。 

 日産自動車は学生にとって人気企業の一つである。就職者は、国立大学工学部や大学院工学系研究科の機械、電気系を専攻する優秀な学生が多い。スポーツカー「GT-R」、電気自動車「LEAF」にあこがれて、「技術の日産」に入社したエンジニアは少なくない。「マイナビ・日経2018年卒大学生就職企業人気ランキング」をみると、理系学科系統別ランキング(機械・電気・情報系)では23位だ。

 別表は、2018年の日産自動車就職者数を大学別に集計し、ランキングにまとめたもの(大学通信調べ。東京大は東京大学新聞、京都大は京都大学新聞から集計)。早稲田大、慶應義塾大や、旧帝大といわれる国立大学がズラリと並んでいる。

 1位は早稲田大だ。学部、大学院研究科別は次のとおり。学部=政経4、国際教養4、教育1、商1、人間科学1、社会科学1、文化構想1、創造理工1。大学院=基幹理工学研究科4、創造理工学研究科3、先進理工学研究科3ほか。毎年、人文社会系学部、理工系学部からバランスよく入社しているのが早稲田大の強みだ。先輩からの勧誘も熱心と言われている。

 早稲田大は、産学連携先としても日産自動車とのつながりが強い。北九州キャンパス(北九州学術研究都市・早稲田大学大学院情報生産システム研究科)では、日産自動車の社員が「自動車工学」の講義を担当している。技術顧問の村田茂雄氏が「駆動系装置」、同社主管の三浦聡氏が「車両制動性能」、同社エキスパートリーダーの朝日弘美氏が「自動車の環境技術」を教えている(2018年度)。「エンジン分解・組立実習」の夏季講座は、日産自動車九州で行われている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい