ゴーン氏逮捕、解任でも結局、日産は刑事責任を取らざるを得ない

経済プリズム

安井孝之

2018/11/22 07:00

 日産自動車を再生させたカリスマ経営者、カルロス・ゴーン容疑者(日産自動車会長)が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で逮捕され、その評価は暗転した。「絶対権力は絶対に腐敗する」(歴史学者アクトン)の警句を絵にかいたような展開だ。なぜカリスマ経営者は道を踏みはずしたのか。またそれを日産経営陣は許したのか。

あわせて読みたい

  • ゴーン逮捕でルノーが「仇討ち」? 「困るのは日産」の声も

    ゴーン逮捕でルノーが「仇討ち」? 「困るのは日産」の声も

    AERA

    11/27

    日産の西川社長がやっと引責辞任 報酬問題は“甘い調査”で幕引きへ

    日産の西川社長がやっと引責辞任 報酬問題は“甘い調査”で幕引きへ

    週刊朝日

    9/9

  • 役員報酬の不正かさ上げ問題を追及されても日産の西川社長が辞めない理由

    役員報酬の不正かさ上げ問題を追及されても日産の西川社長が辞めない理由

    週刊朝日

    9/7

    古賀茂明「ゴーン、ルノー“悪人説”は菅官房長官、経産省、メディアにも好都合」

    古賀茂明「ゴーン、ルノー“悪人説”は菅官房長官、経産省、メディアにも好都合」

    dot.

    11/26

  • ゴーン独裁に新事実!解任劇の動機は「西川社長のクビ」

    ゴーン独裁に新事実!解任劇の動機は「西川社長のクビ」

    ダイヤモンド・オンライン

    12/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す