ひろゆきが伝授する「論破法」 1対1の討論は厳禁!必要なのは“ジャッジ” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ひろゆきが伝授する「論破法」 1対1の討論は厳禁!必要なのは“ジャッジ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

“論破王”と評判のひろゆきのマル秘テクニックとは?(撮影/鈴木芳果)

“論破王”と評判のひろゆきのマル秘テクニックとは?(撮影/鈴木芳果)

論破力 (朝日新書)

ひろゆき

978-4022737915

amazonamazon.co.jp

 いつも言われっぱなしで頭に来ているあなたへ。討論番組に出るたび、“論破祭り”とネットで評判になるひろゆきが、思わず「そんな方法あり?」と思っちゃうような強力な武器を伝授します。新刊『論破力』(朝日新書)から、「議論の絶対大原則」を紹介。他人を動かすテクニックとは?

*  *  *
 テレビやネットの討論番組には、必ずそれを見ている人がいて「誰が勝ったか、負けたか」を常に判断しています。じつはビジネスシーンでも同じで、議論の場にはそれを見てジャッジする人がいるわけです。つまり、大事なことは目の前の相手と討論することよりも「見ている人に自分をどうプレゼンするか」だと思うのですよ。

 要は、そういうジャッジをする人たちがどういう基準で判断するのか、その人たちに何を見せるのかということを考えて、何個かある「勝ちパターン」の中から順番に試して、議論というゲームで勝とうとするわけです。

 裏返して言うと、「ジャッジがいない状況では議論しない」が鉄則ということです。

 たとえば、デザインA案、B案のどちらがいいかでもめた場合。2人きりで議論してしまうと、本当は自分が決めたくせに、「あのデザインはあいつが決めたんだよ」などとあとで偉い人がいくらでもごまかせてしまいます。

 なので、「第三者の証言が取れる状況」が大事なわけです。1対1で言い争いをすることには、まったくメリットがありません。

 要するに、なるべく「脇の甘さを出さない」ということなのですよ。

 1対1で議論してしまうというのは、おいらに言わせれば、かなり脇が甘い。

 そうして1個でも責めるパーツを相手に渡してしまうと、そこをガンガン責められてしまいます。責められ続けると人は簡単に落ちてしまうものなのです。

 いろんな責め方があることは、それが得意なおいらはよくわかっています。責められるとすごく面倒くさいことになるということも……。

 ジャッジを意識した議論の例をもう一つ挙げましょうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい