年寄引退の貴乃花「理事降格以降は景子夫人にも悪態、情緒不安定に」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年寄引退の貴乃花「理事降格以降は景子夫人にも悪態、情緒不安定に」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

会見をした貴乃花(撮影/福井しほ)

会見をした貴乃花(撮影/福井しほ)

花田景子さん (c)朝日新聞社

花田景子さん (c)朝日新聞社

 貴乃花親方(46=元横綱)が25日夕方、日本相撲協会に退職届を出した後、東京都港区の弁護士事務所内で会見を開き、「貴乃花光司は、年寄を引退する旨の届けを提出いたしました」と語った。

【悪態をつかれた景子夫人は…】

 会見の最初、同席した弁護士から「午後1時、日本相撲協会に対し、年寄貴乃花の代理人として、年寄を引退する旨の引退届を出し、床山、世話人の千賀ノ浦部屋への所属先の変更願いを提出した」との説明があった。

 貴乃花親方は年寄引退の理由について、「貴ノ岩(28)への暴力問題について真実を隠さず追及したいと内閣府に3月9日、告発状を提出しました。その後、弟子の不祥事もあり(告発状を)取り下げましたが、何ら真実に反することはない。降格処分を受け、一兵卒として力士の指導、監督、審判業務を行ってきましたが、本日、協会から見解を示した書面が届き、告発状が事実無根のものと記されていた」と明かした。

 さらに「事実無根ではないと書面で説明したが、それを認めないと廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受けた。また理事会で一門に所属しない親方は部屋を持てないと決まった。真実を曲げて認めることが私はできない」と訴えた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい