松坂大輔が“聖地甲子園”で示した「去りゆく友」への惜別と新たな決意【喜瀬雅則】

2018/09/14 16:00

 仲間への熱き思いというものは、心の中にはあっても、それを言葉にするのは何とも照れくさいものだ。思い入れのない、冷静な周囲の人々から見ると「うざったい」「暑苦しい」と取られかねない。

あわせて読みたい

  • “松坂世代”はまだ終わらない…「平成の怪物」が牽引する仲間たちの誇り【喜瀬雅則】

    “松坂世代”はまだ終わらない…「平成の怪物」が牽引する仲間たちの誇り【喜瀬雅則】

    dot.

    1/5

    「最後の人」と呼ばれて…松坂大輔のラストバッターとなった男【喜瀬雅則】

    「最後の人」と呼ばれて…松坂大輔のラストバッターとなった男【喜瀬雅則】

    dot.

    5/13

  • 松坂大輔、退団後も古巣に…寺原隼人が明かす「冷蔵庫伝説」【喜瀬雅則】

    松坂大輔、退団後も古巣に…寺原隼人が明かす「冷蔵庫伝説」【喜瀬雅則】

    dot.

    6/8

    松坂大輔、「キャッチャーフライ」に見た“心の原点”

    松坂大輔、「キャッチャーフライ」に見た“心の原点”

    dot.

    3/15

  • 松坂大輔と平石洋介、甲子園の激闘から20年…松坂世代の奮闘を確かめ合った「夢の球宴」【喜瀬雅則】

    松坂大輔と平石洋介、甲子園の激闘から20年…松坂世代の奮闘を確かめ合った「夢の球宴」【喜瀬雅則】

    dot.

    7/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す