古賀茂明「『放射性物質を海に流す』安倍政権の方針は7年前から決まっていた」

政官財の罪と罰

安倍政権

2018/09/03 07:00

 地下水を止めるために、地下水の地盤よりも深いコンクリートの壁を作る構想も提案されたが、これだとコストが高いので東電が破たんするという理由で却下された。最終的に採用されたのが、いわゆる「凍土壁」である。鋼製の管を地中に埋め込んで管の内部に冷却材を送り込んで冷やし、周囲の土を凍らせることで壁を作るというものだ。実用化された技術ではあったが、これほど大規模に使われたことはなかった。しかし、実は、それが経産省が凍土壁を採用した最大の理由だ。初めて実施する大規模な凍土壁の建設だから、リスクが大きすぎて民間企業(東電)にやらせるのは無理だという理由で、国が資金を出すことになった。もちろん、国民の税金である。これがコンクリート壁だと、普通の工事だから、東電が出せとなるということになり、東電の財務に負担がかかるという事情があったのだ。しかし、当初からこの凍土壁では大きな効果が見込めないというのが大方の予想であった。

 それでもこの方法にこだわったのは、東電の財務事情の他にもう一つ理由があった。それは、放射性物質は、どうせ海に流すしかないという経産省の確信犯的意思があったということである。なるべく金を出さずに、静かに海に流せばいい。海は大きい。薄まればどうということはない。そう考えたのである。その後、経産省の考え方に沿って、大量の汚染水が垂れ流されることになった。

 この考え方は、2012年にできた原子力規制委員会にも引き継がれる。規制委の本来の業務は、まず、福島第一原発の事故後の処理であるはずだった。原発の安全を確保し、国民の生命健康を守るという使命から言えば、汚染水垂れ流しという深刻な安全・環境問題の処理を最優先にすべきであるのにもかかわらず、規制委は、この問題に目をつぶり、原発再稼働のための基準作りだけに猛進するのである。これは、当時の民主党野田内閣の方針でもあった。

 そして、汚染水の問題が再び脚光を浴びたのは、13年夏になってからだった。大量の汚染された地下水が垂れ流しになっていたという事実が(専門家のほとんどはそうであることはわかっていたが)7月22日に東電によって正式に発表されたのだ。それまでも汚染水タンクからの漏出や取水口付近の放射能汚染などの「事象」はたびたび報じられていたが、地下水が漏れ出ているのを正式に認めたのは初めてだった。このニュースは衝撃をもって受け止められた。地下水による海洋汚染が一過性の事故ではなく、恒常的に続いていたのはほぼ確実だということになるからだ。もちろん、原発付近の住民のみならず、日本中、さらには世界中の人たちを不安に陥れるニュースだった。

1 2 3 4 5 6

あわせて読みたい

  • 北海道地震で泊原発トラブル、福島原発の汚染水を解決できない経産省の愚

    北海道地震で泊原発トラブル、福島原発の汚染水を解決できない経産省の愚

    dot.

    9/9

    廃炉のタブーが現実味 福島第一原発事故から6年、原発ルポ

    廃炉のタブーが現実味 福島第一原発事故から6年、原発ルポ

    AERA

    3/1

  • フクイチ汚染水流出 止まらぬ太平洋汚染の“意外”な事実

    フクイチ汚染水流出 止まらぬ太平洋汚染の“意外”な事実

    週刊朝日

    9/27

    姜尚中「福島第一原発の汚染水の海洋放出は、四つの論点から再考すべきだ」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「福島第一原発の汚染水の海洋放出は、四つの論点から再考すべきだ」

    AERA

    4/21

  • 震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩

    震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩

    AERA

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す