「寵児」イーロン・マスクの挫折 市場は常に正しいのか

経済プリズム

安井孝之

2018/08/30 07:00

 電気自動車(EV)メーカーの米テスラは2010年に米ナスダック市場に上場して以来、最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が宇宙、EVなど新技術の未来を語り、資本市場から資金調達しては事業を拡大してきた。いわばマスク氏は「市場の寵児」だった。だがここにきて、市場離れを画策したが、結局は市場に引き戻された。マスク氏の戦略がすべて正しかったとは思わない。だが「市場」もまたいつも正しいとも思えない。

あわせて読みたい

  • Twitter取締役を「全員解任」、マスク氏が描く壮大計画を大胆予測

    Twitter取締役を「全員解任」、マスク氏が描く壮大計画を大胆予測

    ダイヤモンド・オンライン

    11/8

    GAFAM+テスラの凋落 NISAは米国株の投資信託一辺倒でいいのか

    GAFAM+テスラの凋落 NISAは米国株の投資信託一辺倒でいいのか

    AERA

    2/21

  • 欧州で加速するEV化 「トヨタ」が遅れを取る最大の理由と、残された“2つの道”

    欧州で加速するEV化 「トヨタ」が遅れを取る最大の理由と、残された“2つの道”

    dot.

    8/14

    「経済インフルエンサーの影響力に世界が戦慄」ママYouTuberのなーちゃん

    「経済インフルエンサーの影響力に世界が戦慄」ママYouTuberのなーちゃん

    dot.

    6/25

  • 現役証券マンは波乱の日本株をどう見る? 「岸田首相が最大の株安要因」

    現役証券マンは波乱の日本株をどう見る? 「岸田首相が最大の株安要因」

    週刊朝日

    3/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す