中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」

連載「50代ボツイチ再生工場」

中瀬ゆかりdot.#中瀬ゆかり
中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

白洲正子さん (c)朝日新聞社

白洲正子さん (c)朝日新聞社

 父が亡くなった翌日、実家の庭に普段見かけない青い鳥が舞い降りたのだが、その鳥は網戸にとまり、しきりに父の書斎の窓をつつき、中をうかがっている。舞い上がったと思ったら、今度は父が趣味で世話をしていた蘭小屋の屋根からずっとこちらを見ている。私たち家族は「あれはパパなんじゃないか」と真顔で顔を見合わせた。かつて白洲正子先生が、夫君の白洲次郎氏のことを「死んだ翌日、庭に大きなオスの孔雀が舞い降りたのよ。すごく威張って羽根を見せびらかして歩いてた。あれは次郎さんだったのかもね」と話していらっしゃったのを思い出していた。白洲次郎氏なら孔雀がいかにもふさわしいが、うちの父にも小さな青い鳥が似合っている。奇しくも遺影の父も青いシャツだ。

 白川が死んだときも、不思議なことがいくつか続いた。亡くなってから数日後、うちに飼っている猫3匹が、普段夜啼きをしないのに、深夜12時過ぎに一斉に啼きはじめ、螺旋階段に座り、天井を凝視している。そこにはもちろん何もないのに、一所懸命首を上に向け、しばらく切なげに啼き続けた。別の日には同じような時間に「ぺこまるー」と私のあだ名を呼ぶ声が、空耳と呼ぶにはやけにはっきり聞こえ、階下のテレビが突然ついたり、台所の蛇口から突然水がドボドボと流れ落ちる音がしてびっくりしたこともあった。白川の倒れたソファの辺に彼が好んだタバコの煙のようなものが何度か立ち込め、思わず咳き込んだり……と、不思議な現象が続いた。そのたびに「トウチャン?トウチャンだよね?トーチャーン!!!」と大声で呼びかけたが、もちろん返事はなかった。夢に出て来るのはずいぶん遅かったが、トウチャンはまるで「俺はまだここにいてお前を見守ってるぞ」といわんばかりにその存在を誇示していたのだ。

 昨年、「魂でもいいから、そばにいて――3.11後の霊体験を聞く――」という本が刊行された。震災で家族を亡くしたかたの霊体験が綴られており、やはりこの世の中には科学では解明できないことがある、と、涙を禁じ得なかった。死者も、遺したものたちを案じているのだ。人以外にも猫の霊の群が行進する姿を見た話などもある。何度も胸がつまった。著者の奥野修司さんはすぐれたノンフィクション作家で、その冷静な筆致と、被災者の真摯な聞き取り証言の数々には、オカルト、などという一言ではけして片付けられない神々しいものを感じる。改めて、死者想うお盆にこそ読んでおきたい感動作だ。今年のお盆に家に戻る父やトウチャンの魂が合図をくれるのを見逃さないでいたい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい