「ヒモ男」演じる窪田正孝…役柄とは裏腹に私生活での誠実さが凄い! (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ヒモ男」演じる窪田正孝…役柄とは裏腹に私生活での誠実さが凄い!

丸山ひろしdot.
窪田正孝 (c)朝日新聞社

窪田正孝 (c)朝日新聞社

■大先輩をイジったお笑い芸人を一喝

 もともと、窪田は整備士を目指していたほどの車好き。高校生の頃はガソリンスタンドでアルバイトをしていた経験もあり、休日の楽しみが洗車だという(『櫻井・有吉THE夜会』2018年1月11日放送)。同番組ではその洗車術を披露していたが、寒空の中、タイヤを丁寧に水洗いし、車のボディーからガラス、ボンネットの内側まで満遍なく拭き掃除。エンブレムは綿棒を使ってピカピカに磨き上げていた。見えないところまで丁寧に掃除する様子は、真面目さを伺わせる。

 こうした性格に加え、「先輩に対する姿勢も実直そのものです」と話すのはスポーツ紙の芸能担当記者だ。

「唐沢寿明(55)を尊敬しているそうですが、窪田がゲストで出た番組に唐沢がVTR出演し、窪田について話したことがあったんです。唐沢によると、酒の席で唐沢とお笑い芸人の福田彩乃(29)が叩き合うというネタがあり、そのやりとりを見て周りが笑う中、窪田だけじっと福田を睨み、『彩乃ちゃん、それだめだよ』と唐沢をかばっていたとか。これに窪田は、初めて見た時に福田の叩く力が強く、『大先輩にすることじゃないから』『唐沢さんに何かする人だけは許さない』と言ったと認めていましたね。ネタにも真面目に反応する窪田ですが、何より誠実な人は責任感も強く地道な努力ができる。窪田の場合は、そんな一面が演技力の向上に繋がり、主演級の俳優へと成長できたのだと思いますよ」

 ダメ男だけでなく、硬派から控えめな青年までさまざまな役を演じ切れる窪田。着々と役の幅が広くなっていったのも、その誠実な人柄があったからこそなのだろうか。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい