誰からも嫌われず平和に毎日を過ごしたいなら「心臓を突き出せ」? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

誰からも嫌われず平和に毎日を過ごしたいなら「心臓を突き出せ」?

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業などで研修も行う柳沼佐千子さん(撮影/写真部・大野洋介)

企業などで研修も行う柳沼佐千子さん(撮影/写真部・大野洋介)

笑顔は「やりすぎ」ぐらいでちょうどいい話す柳沼さんの、とっておきの笑顔柳沼佐千子(やぎぬま・さちこ)/印象力アップトレーナー。自らを実験台にしながらコミュニケーション法、心理学、脳科学などを20年以上研究し、好感度アップの手法「インプレッショントークメソッド」を開発。小田急電鉄、タカラスタンダードなど多くの企業でこの手法を用いた研修を実施し、売上や顧客満足度などの数値アップに即効性があると評判に。印象エキスパート株式会社代表取締役

笑顔は「やりすぎ」ぐらいでちょうどいい話す柳沼さんの、とっておきの笑顔
柳沼佐千子(やぎぬま・さちこ)/印象力アップトレーナー。自らを実験台にしながらコミュニケーション法、心理学、脳科学などを20年以上研究し、好感度アップの手法「インプレッショントークメソッド」を開発。小田急電鉄、タカラスタンダードなど多くの企業でこの手法を用いた研修を実施し、売上や顧客満足度などの数値アップに即効性があると評判に。印象エキスパート株式会社代表取締役

 誰からも好かれる人気者にならなくてもいいけれど、いけすかない人だと思われたり、とっつきにくそうなヤツだと誤解されたりはしたくない。人間関係で余計な摩擦を起こさず、日々穏便に過ごしたい……。多くの人がそう望んでいるのではないでしょうか。

【「やりすぎ」ぐらいがちょうといいという、柳沼さんの笑顔はこちら】
 
『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。』(朝日新聞出版)の著者で、さまざまな企業で印象アップの研修を行っている柳沼佐千子さんですが、実は子どもの頃から、他人と深くかかわる前に、なぜか悪い印象を持たれてしまい、うまく人間関係を築けない日々を過ごしてきました。

 このつらさを克服しようと、20年以上、心理学や脳科学、コミュニケーションなどを勉強し、自分自身を実験台にして試行錯誤を繰り返した結果、誰からも悪印象を持たれない最強の「フォーム」を生み出したのです。この「フォーム」を使って企業研修をおこなったところ、ほとんどの企業で短期間のうちに営業成績や売上、顧客満足度などの数値が目に見えて上昇し、好評を博しています。

 そんな柳沼さんのメソッドの中でおすすめしたいのが、「相手に心臓を突き出すフォーム」です。たとえば、誰かが背後からあなたを呼んだとき、首だけで振り返って、そのまま話していませんか? 今日からは、呼ばれたら体全体を相手に向け、心臓を突き出すイメージで上半身をやや前傾させてみてください。座っていても立っていても同じです。プレゼンや会議の場でも、発言するときや誰かの話を聞くとき、このフォームはいい印象を与える効果があります。

 また、お客さまや取引先の人と話すときに、胸の前に書類などを抱えたまま話すのは、知らず知らずのうちに、相手に「私は警戒しています」というシグナルを送ることに。心臓は人間にとって最も大切な部分ですから、そこをオープンにして相手に接すると、自然と相手は受け入れられていると感じるのです。そうして、あなたと話すと気分が良いと思うはずです。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい