W杯の出場国拡大は弊害だらけ…グループリーグ「最終戦のドラマ」は消滅? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

W杯の出場国拡大は弊害だらけ…グループリーグ「最終戦のドラマ」は消滅?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.#W杯

W杯ロシア大会は盛り上がったけど…(c)朝日新聞社

W杯ロシア大会は盛り上がったけど…(c)朝日新聞社

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会の激闘も幕を閉じ、次の舞台は4年後のカタールになる。国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、次の大会からの導入を諦めていないとコメントしているのが、48チーム出場に大会が拡大されるという案だ。少なくとも2026年の北中米3カ国共催からは、この拡大されたチーム数での大会が行われる。

【大迫選手の半端なく美しい妻・三輪麻未さんの写真はこちら】

 インファンティーノ会長自身が「完璧なフォーマット」と認めた現行の32チーム開催から変更を加えるからには、当然のように「完璧ではない部分」が生まれる大会になることが避けられそうにない。現状、不安視されているのが1次リーグの開催方式だ。

 当初、さまざまな案が俎上に挙がっていた。48チームのうち16チームをシードし、残りの32チームを2チームずつ組み合わせ、一発勝負の試合を行って勝者の16チームを決め、合計32チームで今まで通りの大会をスタートするという案もあった。実質的に、「世界最終プレーオフ」とでも呼ぶべきものを本大会の第1戦に組み入れるというものだが、これは却下されたという。

 現状、有力とされているのが3チームずつ16組に分け、その後に決勝トーナメントを行うという方式だ。基本線にある「大会全体を現行の64試合から80試合にする」という案からは、上位2チームが決勝トーナメントに進むと考えられる。仮に1チームの進出であれば、各組3試合×16組の48試合に、決勝トーナメントの16試合を合計して64試合と、現在と同じ試合数になってしまう。完璧なフォーマットを崩し、試合数が同じでは本末転倒だからだ。

 しかし、この方法には多くの不具合が想像される。まずは、試合間隔の不平等さと間延びだ。奇数チームでの争いには、同組内に必ず1チームが試合をしない日が生まれる。つまり、全ての試合でそれまでの休養日数が全く違うことになる。現行でも1日の違いが生まれることはあるが、その比ではなくなるのは間違いない。これは分かりやすい不具合だ。

 また全体の日程を基本的に開幕戦で1試合、その後は1日3試合ペース、つまり3組の試合があると想定した時に、グループの初戦と3試合目に割り当てられたチームはどのような日程になるか。初戦を戦った後、その組は4日から6日が過ぎた後に2回り目の試合がスタートする。しかし、そこで試合がないので、さらに4日から6日を試合なく過ごすことになる。そうすると、第3戦を行うのが大体10日ぶりになる。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい