過去にもあったW杯の“談合試合” 日本代表の判断は正しかったのか【西部謙司】

2018/07/01 16:00

 1982年スペインワールドカップ、グループ2の最終戦は2日に分けて行われた。まず、6月24日はアルジェリア対チリで、アルジェリアが3-2で勝利。もう1つのカードである西ドイツ対オーストリアは翌25日に行われた。

あわせて読みたい

  • “万が一”もあった…西野監督、プライドを傷つけられたベスト16【六川亨】

    “万が一”もあった…西野監督、プライドを傷つけられたベスト16【六川亨】

    dot.

    6/29

    金子達仁「史上2番目にひどい試合」に失望と喝采

    金子達仁「史上2番目にひどい試合」に失望と喝采

    週刊朝日

    7/4

  • 未来のサッカーは

    未来のサッカーは"ハンドボール化"する?

    BOOKSTAND

    7/13

    サッカー日本代表 決勝トーナメント進出の条件はコレだ!

    サッカー日本代表 決勝トーナメント進出の条件はコレだ!

    dot.

    6/24

  • ドイツ延長戦の末アルジェリアを破る

    ドイツ延長戦の末アルジェリアを破る

    dot.

    7/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す