炎上しても言う「新幹線死傷、虐待殺人の容疑者らの生い立ちが知りたい」カンニング竹山 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

炎上しても言う「新幹線死傷、虐待殺人の容疑者らの生い立ちが知りたい」カンニング竹山

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

1日365本もの列車を運行している東海道新幹線で事件は起きた(※写真はイメージ)

1日365本もの列車を運行している東海道新幹線で事件は起きた(※写真はイメージ)

 今回の事件では、親が他人事のようにインタビューに答えていましたが、本人は親との関係はこじれても祖母には優しかったらしいですよね。そこをちゃんと報じてくれないとわからないし、一番大切なのは同じような人間が出てくるのをどうやって防ぐということだと思う。結局、幼い子への犯罪とか、社会的に弱い人たちが被害にあってしまうことが多いから、そういう事件を減らすこともできるんじゃないだろうかと思います。

 まったく別のケースだけど、目黒の5歳の女の子が虐待で亡くなった事件にも言えることだと思う。父親とは血がつながっていない娘だといっても、母親は血がつながっているし、(新しい夫との)恋愛がからんで我が子への暴力を見過ごすとか、好きな男に何も言えないとか、この両親自身が子どものころにどう育てられたのかを紐解かないと解決しないと思うんですよ。もちろん個人差はあるだろうけど、教育という名目で子どもを日常的にぶん殴るとか、普通の人間はできないですよ。どうしてああいうことができる人間になってしまったんだろうかというところが僕は知りたい。

 そう思うには理由があって、仕事で知り合ったAV嬢の子、10人ぐらいに生い立ちを聞いてみたんですが、びっくりするほど似ていたんです。それが良くない仕事だとか言うつもりは無くて、生い立ちとその後の生き方にはやっぱり因果関係があるんじゃないかと思うんです。

 その子たちに多かったのは、小さいころに父親に女ができたりして家を出て行っちゃって、母親と暮らしていた。しばらくして母親が新しい男を連れてくるんだけど、そいつがDVするやつで、中学2年ぐらいになると娘の自分にも手を出そうとして、それが母親にもバレちゃったとか。自分が好きになる男もDVするような奴で、嫌な思いをたくさんして、それでも芸能界に憧れて地方から東京に出てきてAV嬢にスカウトされるんですよね。撮影にはメイクさんもいて、カメラマンもいて、お金も入るからそれでもいいかなと思って続けるんだけど、3、4年経つと理想と現実のギャップが埋められなくて、精神を病んだり、自殺しちゃった子もいる。もちろん全員じゃないですよ! でもそういう子がビックリするほど多かった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい