日本体育大学・松浪健四郎理事長「日大アメフト部問題は、対岸の火事ではない」

2018/06/18 07:01

 いま、大学スポーツが大きな話題になっている。大学スポーツといえば、まっさきに日本体育大学の名前が思い浮かぶという人も多いだろう。日本体育大学はこれまで多くのトップアスリートを送り出してきた。平昌五輪のメダリスト、高木美帆選手、高梨沙羅選手はまだ記憶に新しいところだ。日本体育大学理事長の松浪健四郎さんに、大学の役割や教育理念、スポーツ指導者の育成、「体育」に寄せる思い、2020年東京五輪に向けての抱負、そして、日大アメフト部などについて熱く語ってもらった。

あわせて読みたい

  • 「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    AERA

    5/25

    パワハラだらけのスポーツ界 巣くう「金儲け主義」の悪弊

    パワハラだらけのスポーツ界 巣くう「金儲け主義」の悪弊

    週刊朝日

    9/20

  • 「女子は殴らないとわからない」女子スポーツ界にはびこる非常識

    「女子は殴らないとわからない」女子スポーツ界にはびこる非常識

    AERA

    9/19

    パワハラ騒動の伊調馨 復帰説が流れる理由

    パワハラ騒動の伊調馨 復帰説が流れる理由

    週刊朝日

    7/18

  • 筑波大から東京五輪に24人が出場 スポーツに強い国立大学は?

    筑波大から東京五輪に24人が出場 スポーツに強い国立大学は?

    dot.

    8/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す