96歳元海軍兵が明かす「下っ端が、生き地獄を生き残るには3度も奇跡が必要」 (4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

96歳元海軍兵が明かす「下っ端が、生き地獄を生き残るには3度も奇跡が必要」

このエントリーをはてなブックマークに追加

瀧本邦慶さん=2016年9月撮影

瀧本邦慶さん=2016年9月撮影

1939(昭和14)年12月、18歳。軍艦「八重山」に配属された直後の新兵時代。大黒帽式水兵帽すがた。帽子の前章には軍艦名「八重山」が金文字であしらわれている

1939(昭和14)年12月、18歳。軍艦「八重山」に配属された直後の新兵時代。大黒帽式水兵帽すがた。帽子の前章には軍艦名「八重山」が金文字であしらわれている

96歳 元海軍兵の「遺言」(朝日選書)

瀧本邦慶著/朝日新聞大阪社会部編集

978-4022630674

amazonamazon.co.jp

 わたしだけおいてけぼりや。トラック島を出られる最後の望みもたたれました。つらかったですわ。泣くぐらいつらかった。ほいで泣きました。ひとしれず母親をしのんでなみだをながしました。

 それからしばらくしてからのことです。通信兵が防空壕の中でラジオを傍受していますやん。そいつが言うには「レイテ島で陸海軍が最後の大決戦をやった。海軍の艦船は全滅、陸軍の兵士は全員玉砕した。そういうニュースがはいった」ということですわ。
ほいたらな、わたしもフィリピンによろこんで行っとったらね、完全におだぶつですやん。潜水艇に乗る順番がはやかったら確実に死んどりますやん。わたしの生死も紙一重やったわけです。

 まことに人の運命は紙一重ですわ。生死もまた紙一重。一寸先は不明です。これもわたしにしてみたら奇跡なんですね。

■生かされとるものの責任

 このみっつの奇跡によってわたしは生きてかえってきました。どのことを考えてもわたしにとっては奇跡ですねん。こうして生きていることが不思議なんです。命令どおりに動かされて死んどらなあかんやつが、ぎゃくに生きてかえってきたんやから不思議なことですやん。みっつの奇跡に人智のおよばない運命を感じないわけにはいきません。母親がいのってくださったおかげでしょうか。生きのこって戦争の惨状を語りつぐようにという神や仏のなせる業でしょうか。

 ですからわたしは自分の力で生きとるのとちがいます。生かされております。生きとるはずのないもんが生かされとるんやから、生かされとるものの責任がありますやん。そう思とります。戦争の実態をストレートに、そのままの姿でつたえる責任です。

*  *  *
 瀧本さんは今年の11月で97歳になる。体が動くかぎり講演会や学校で自分の体験を語りつづけるという。理由についてこう語る。

「わたしは幸運にも帰ってきたけれど、20歳そこそこで死んだ者はどないなるんや。わたしらの『青春時代』というのはとんでもないものでした。いまの若者には、わたしらと同じ人生を送ってほしくないんですわ」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加